MAIN−WAVE
5人目のビートルズ
ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング

 ニュース サイトマップ グループ

ホーム>>>フォーカス>>>ビートルズ>>>コラム(ビートルズ)INDEX>>>

■コラム■■■■■
■5人目のビートルズ■

ビートルズは、ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スターの4人で活動したが、そのビートルズをバックアップしたとされる人物がいる。
自称も含め、以下の人物たちがいわゆる「
5人目のビートルズ」とされる人物だ。


ピート・ベスト
リンゴ・スターの前のビートルズのドラマー。クビとなったのにはいろいろな説がある

スチュアート・サトクリフ
ビートルズがメジャー・デビューする前に脱退したメンバー

ジョージ・マーティン
ビートルズのオリジナル・アルバムのうち『レット・イット・ビー』以外全てをプロデュース、音楽面での貢献大

ブライアン・エプスタイン
1962年から死亡する1967年までビートルズのマネージャーだった

二ール・アスピノール
1968年の設立から2007年の退任までビートルズのアップル・コアの代表、2008年死亡

デイク・テイラー
ビートルズの広報

ジェフ・リン
ELOのリーダー、「フリー・アズ・ア・バード」、「リアル・ラヴ」のプロデューサー

トニー・シェリダン
無名時代のビートルズをバックにシングルをリリース

ビリー・プレストン
「ゲット・バック」のエレクトリック・ピアノなどを演奏

ジミー・ニコル
1964年のツアーで病気のリンゴの代役をしたドラマー

さらに変わったところでは、ビートルズと人気を二分したサッカーのジョージ・ベスト、ポール・マッカートニー死亡説でポールの替え玉に選ばれたポールのそっくりさんのウィリアム・キャンベル


個人的には、音楽面での貢献の大きさなどから「5人目のビートルズ」は、ジョージ・マーティンかと思います。

(2012年5月27日現在)


ビートルズを知るおすすめ作品

名盤(ビートルズ)
ビートルズ・ミニ・データ


  5人目のビートルズ

ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング