MAIN−WAVE
エジソン
ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング

 ニュース サイトマップ グループ

ホーム>>>フォーカス>>>

■フォーカスINDEX■■■■■

モーツァルト ビートルズ 葛飾北斎 手塚治虫 ダ・ヴィンチ
テスラ アインシュタイン ゴッホ ピカソ ニュートン
棟方志功 テシオ 南方熊楠 黒澤明 エジソン
キュリー夫人 フォン・ノイマン ファラデー シェレシェフスキー ポアンカレ
ブライトン 伊藤若冲      

■トーマス・アルヴァ・エジソン■発明家■発明王

エジソンを知るおすすめ作品

▼世界を「電気の時代」に導く

 
トーマス・アルヴァ・エジソンは生涯におよそ1300もの発明をし「発明王」といわれた発明家であり起業家
 です。

 蓄音機、電話機、白熱電球などエジソンが改良も含め関わった発明は世の中を大きく変えたものも多く、世界を
 「
電気の時代」に導いたといっても過言ではありません。


 エジソンとテスラは天才であるのは当然ですが、両者とも優れた発想力の持ち主でした・・・
 「天才の発想力 エジソンとテスラ、発明の神に学ぶ」は2人の発想力の比較
 など興味深い内容になっています・・・
 革新的な考えには、発想力が不可欠です・・・



▼トーマス・アルヴァ・エジソンの生涯

 トーマス・アルヴァ・エジソン(1847年2月11日−1931年10月18日)

 トーマス・アルヴァ・エジソンは1842年2月11日にアメリカに生まれました。

 多くの伝記でも知られるようにエジソンは小学校に入学するも教師との関係がうまくいかず
小学校を中退
 (!)
します。

 エジソンに学問の機会を与えたのは教育熱心だった彼の母親で、さまざまな化学薬品を買い揃えたり、科学
 関連の啓蒙書を揃えたといわれます。

 この「自宅での独学に近い学習」は、高等教育を受ける機会を失ったかわりに独自の発想やアイデアを生み出
 すことになったのかもしれません。

 エジソンは前述のように蓄音機、電話機、白熱電球など改良も含めた多くの発明で世の中を大きく変えました。

 白熱電球の改良に関するエピソードは日本とも関係があります。

 白熱電球のフィラメントに京都の八幡男山の竹を炭化したものを使用し長寿命化に成功しています。
 (その後、合成繊維フィラメントからタングステンなどの金属フィラメントに移行しますが・・・)

 蓄音機でオーディオの世界の未来を広げ、映画の動画機を発明し35mmフィルムの規格を作り、トースターや電気
 アイロンなどの多くの電気製品を発明することによって「電気の時代」を創りあげたエジソン・・・

 1日3食の習慣は、一説にはエジソンがトースターの販売促進のために広めたものといわれています。

 トースターの販売促進の例でもわかるようにエジソンは優れた発明家であると同時に自分の発明品を売る
 優れた「営業力」「宣伝力」も持ち合わせていたようです。

 二コラ・テスラと送電システムを巡り対立した「電流戦争」においても
 テスラの推進していた「交流電流」を電気椅子に採用するように
 裏で働きかけ危険性を世間にイメージさせる「ネガティブ・キャンペーン」を展開しました。


 これもある種の「営業力」「宣伝力」だと思います。

 結果的に「電流戦争」はエジソンの推進する「直流」がテスラの推進する「交流」に敗れますが、
 現在も送電の一部に「直流」が使用されており、エジソンの「直流による送電システム」も活躍
 しています

 (直流と交流の変換が容易になった技術的進歩も「直流」と「交流」の共存をより可能にしました)
 (技術的進歩で、直流も変圧しやすくなった)


 電流戦争とは・・・
 1880年代からエジソンの直流方式とテスラの交流方式で激しい競争が展開されました。

 エジソンは交流の危険性を強調し印象付けるために動物を処分する電源に交流を使ったり、電気椅子に
 よる死刑の最初の電源に交流を採用させる働きかけを裏から行うなどの「ネガティブ・キャンペーン」を
 展開します。
 (エジソン自身は死刑反対派だったといわれますが、交流に非難が集中することを願っての働きかけ
 だったのでしょう)

 しかし、1986年11月6日にナイアガラの滝を利用した発電所の送電システムにテスラの交流送電システム
 が採用されたことにより、事実上の決着がつき、
送電、配電の方式として交流方式が勝利することに
 なります。

 変圧しやすい交流は、高電圧で送電することによって送電コストを抑えられ、利用者の扱いやすい
 電圧(高電圧のままでは危険で使いづらい)に変圧できる「優位性」があります。

 
(前述のように、後に技術的進歩で、直流も変圧しやすくなった)

 エジソンも交流の「優位性」を認識していましたが、直流にこだわりました。

 その理由とは・・・

 エジソンは優れた研究者、実験者でしたが、高度な教育を受ける機会のなかったエジソンには
 高度な数学、物理学の知識や能力を必要とする交流は扱うのが難しいという背景があったようです。


 エジソンはオカルト研究にも関心があったようで、晩年は特にその研究(死者との交信など)に熱心だったと
 いわれます。

 高齢になり会社経営から身を退いた後は死者との交信の研究に没頭、火事で研究所が全焼し約200万ドルの損害
 を蒙ってもその研究を続けたといわれます。

 ただし本人はオカルトも科学としてとらえ、霊も宇宙のエネルギーの一部として考えていたようですが・・・

 あくまでエジソンの目は「科学者の目」でした。

 1931年10月18日にエジソンは死去します。享年84。

▼エジソンと糖尿病

 エジソンは、糖尿病だったといわれます。

 私は、独自の方法で糖尿病を完治させました。

 それも食事制限なしの「しがらみ」のない絶対的な奇跡の完治です。

 発明王も糖尿病とつきあったようです。

 現代医学では完治しない、一生つきあわなければならないといわれている糖尿病・・・

 現代医学の常識を覆した事実・・・

 糖尿病の完治については、オリジナル(奇跡の完治)をご覧ください。



▼エジソンの功績を示すエピソード

 エジソンの死に際しアメリカではエジソンの功績を讃えて彼の死を弔うため1分間電灯が
 消されました。


 しかし、その情報がしっかりと行き渡っておらず突然の停電にパニックになった地域もあったと
 いわれます。

 エジソンはアメリカの情報誌「ライフ」において「この1000年で最も重要な功績を残した世界の
 人物100人」の1位に選出されています。



▼発明の源

 エジソンの発明の源となったのは「
ひらめき」とその「ひらめき」を書き留める「メモ」にあったと
 いわれます。

 アインシュタインのようにエジソンも「メモ魔」であったといわれ多くのアイデアはメモから生まれました。

 エジソンの有名な言葉
「天才とは1パーセントのひらめきと99パーセントの汗」も努力の必要性を
 説いたというより
「99パーセントの努力も1パーセントのひらめきがなければ成立しない」という
 ひらめきの重要性
を説いた言葉であるといわれています。


 小学校を中退したエジソン・・・
 エジソンを後の天才発明家にしたのは母の教育方針もあったとされます・・・
 天才を育んだ教育方針とは!?
 「天才エジソンの秘密 母が教えた7つのルール」は参考になります・・・



 時代の違う2人の天才・ビル・ゲイツとエジソン・・・
 2人にはには共通ルールがあった!
 「ビル・ゲイツ エジソン 成功の共通ルール」で彼らの共通ルールを探る!



エジソンを知るおすすめ作品



■ネットビジネス研究

□お小遣いサイト

お財布.com

アフィリエイト

おすすめレンタルサーバーとホームページ作成ソフト 

おすすめASP

ホームページ制作


  エジソン

ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング