MAIN−WAVE
エルヴィス・プレスリー
ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング

 ニュース サイトマップ グループ

ホーム>>>スタディ>>>音楽>>>スーパースター(ロック・ポップス)(ビートルズ以外)>>>

■エルヴィス・プレスリー■■■■■ロックンロールの王様
チャック・ベリー(前) エルヴィス・プレスリー(前) リトル・リチャード(前) バディ・ホリー(前) ローリング・ストーンズ
ビーチ・ボーイズ ジェフ・ベック エリック・クラプトン ジミ・ヘンドリックス レッド・ツェッペリン
ピンク・フロイド        
         
(注)名前の後の(前)は、ビートルズ以前から活躍したアーティスト (活躍時期はイメージ)

エルヴィス・プレスリー 1935年1月8日−1977年8月16日・・・・・

エルヴィス・プレスリーを知るおすすめ作品

エルヴィス・アーロン・プレスリーは、一般的には「エルヴィス・プレスリー」と呼ばれています。

いわゆるロックンロールの創始者の一人で、後進のアーティストに多大な影響を与えました。

その功績から「キングオブロックンロール」(ロックンロールの王様)または「キング」といわれ、ギネスには
「最も成功したソロ・アーティスト」として認定されています。

ロックンロールの一大ムーブメントを作り、極貧の少年時代から一気にスーパースターに登りつめた「アメリカンドリーム」の象徴です。

ビートルズが憧れた人物の一人でもあります。

黒人音楽を白人であるエルヴィス・プレスリーが取り入れ、白人音楽とミックスさせ、エルヴィス・プレスリーの音楽は大人気となりました。

1977年8月16日に突然死しました。


ヒットを飛ばした点では、後のビートルズに匹敵、あるいはそれすらも上回る大きな存在です。

ビートルズ以前の最大のロック(ンロール)・スターといってよいかもしれません。

単に音楽面だけではなく、多くの映画に出演したり、映画に楽曲を提供し、文化面で大きな人気と影響を与えました。

晩年のプレスリーは、過食症による体重激増から睡眠薬の「誤った使用」やドラック(覚せい剤など)の使用などもいわれました。
(真相は、はっきりとはしない)

死後も遺産問題や生存説など多くの話題を提供し、その存在の大きさを感じさせます。

エルヴィル・プレスリー本人の話題ではありませんが、エルヴィス・プレスリーの娘・リサ・マリー・プレスリーがマイケル・ジャクソンと結婚(後に離婚)し、話題になりましたね。

代表曲:「ハートブレイク・ホテル」「ハウンド・ドッグ」「ラブ・ミー・テンダー」「監獄ロック」など


個人的には、ビートルズ以前の最大のロック(ンロール)・ヒーローはチャック・ベリーですが、一般的に、認知度や人気などからは、エルヴィス・プレスリーが、ビートルズ以前の最大のロック(ンロール)・ヒーローですね。

エルヴィス・プレスリーを知るおすすめ作品

関連記事:1950年代ロック・ポップス


  エルヴィス・プレスリー

ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング