MAIN−WAVE
フライングフォックス
ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング

 ニュース サイトマップ グループ

ホーム>>>スタディ>>>競馬>>>世界の競走馬・日本の競走馬1950年生まれ以前の名馬−INDEX>>>
1950年生まれ以前の名馬>>>>>>

■フライングフォックス■

フライングフォックス(Flying Fox)、牡、鹿毛、イギリス生産、イギリス調教
生没年月日・1896年−1911年3月21日
父オーム 母ヴァンパイア
生産者・Easton Stud  馬主・初代ウェストミンスター公爵
調教師・ジョン・ポーター  主戦騎手・
競走成績・11戦9勝 主な勝利・英3冠
■コメント
フライングフォックスは、1896年にイギリスで生まれ、イギリスで調教されました。

□フライングフォックスを知るおすすめ作品

フライングフォックスは、2歳時に5戦2勝、3歳時にイギリス3冠(英2000ギニー・英ダービー、英セントレジャー)を含む6戦6勝でした。

他にジョッキークラブステークス、エクリプスステークス、プリンスオブウェールズステークスなどを制しています。

3歳の翌年の1900年も現役続行の予定でしたが、馬主の初代ウェストミンスター公爵が死亡したため、エドモン・ブラン氏に買われ、フランスで種牡馬となりました。

・競走成績
1898年 5戦3勝
1899年 6戦6勝



種牡馬としては、仏ダービー、パリ大賞、リュパン賞などを制したアジャックス(5戦5勝、種牡馬としても成功)などを出し、3回のフランスのリーディングサイヤーとなる成功をしました。



(生産者は馬産家として成功した初代ウェストミンスター公爵で、同馬はその最後の活躍馬です、祖父のオーモンドと同じくイギリス3冠馬となりました)

(ちなみに牝馬3冠<英1000ギニー・英オークス・英セントレジャー>のセプターもウェストミンスター公爵の生産馬です→セプターは英2000ギニーも制しており、4冠馬ともいえます)

(フライングフォックスの母・ヴァンパイアは自分の子供を殺してしまう気性に問題のある馬で、他牧場への輸送や相手の種牡馬に危険が及ぶ可能性があり、ガロピン3×2の強いインブリードを承知で自分が所有していたオームと交配しました)

□フライングフォックスを知るおすすめ作品

■3代血統図
Galopin3×2、 Vedette4×3×5、Stockwell5×5、Voltarite5×5
Orme

1889 鹿毛
Ormonde

1883 鹿毛
Bend Or
Lily Agnes
Angelica

1879 鹿毛
Galopin
St.Angela
Vampire

1889 黒鹿毛
Galopin

1872 鹿毛
Vedette
Flying Duchess
Irony

1881 栗毛
Rosebery
Sarcasm

GMOクラウドのレンタルサーバー
このホームページ運営に利用しているレンタルサーバー(ホスティング)サービス(旧アイル)

お小遣いサイト
お財布.com
お財布.comをおすすめの理由


  フライングフォックス

ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング