MAIN−WAVE
ゴッホ
ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング

 ニュース サイトマップ グループ

ホーム>>>フォーカス>>>

■フォーカスINDEX■■■■■

モーツァルト ビートルズ 葛飾北斎 手塚治虫 ダ・ヴィンチ
テスラ アインシュタイン ゴッホ ピカソ ニュートン
棟方志功 テシオ 南方熊楠 黒澤明 エジソン
キュリー夫人 フォン・ノイマン ファラデー シェレシェフスキー ポアンカレ
ブライトン 伊藤若冲      

■ゴッホ■画家■炎の画家

ゴッホを知るおすすめ作品

▼炎の画家

■概要
フィンセント・ファン・ゴッホ  1853年3月20日−1890年7月29日
オランダのポスト印象派の画家

「フィンセント・ヴィルヘルム・ファン・ゴッホ」

感情的な表現と大胆な色使い、分厚い作風で知られる・・・
ポスト印象派を代表する画家で、20世紀の美術にも大きな影響・・・

■生誕から死去までのミニ略史
ファン・ゴッホは、1853年3月30日にオランダで生まれ・・・
教師などの職を経て、聖職者希望から画家を目指すようになり、弟テオドロス(通称テオ)の援助を受けながら、画咋を続けた・・・
オランダ時代は暗い色調の絵が多い・・・
1886年2月、テオを頼り、パリに移る・・・
印象派や新印象派の影響を受けた明るい色調の絵へ・・・
日本の浮世絵にも関心を持ち、収集や模写・・・
1888年2月アルルへ・・・
同年10月末からポール・ゴーギャンとの共同生活・・・
次第に共同生活は行き詰まり、12月末のファン・ゴッホの「耳切り事件」で共同生活は破綻・・・
以後、発作に苦しみながら、アルルの病院で入退院を繰り返す・・・
1890年7月27日に銃で自殺を図り、2日後の29日死亡・・・

生前に売れた絵は「赤い葡萄畑」の1枚だけだといわれる・・・(他に売れた作品もあるとの説も)
(現在のファン・ゴッホの絵の評価の高さや価格の高さから考えると驚きです・・・)
彼の生涯の伝記や映画などから「情熱的な画家」「狂気の天才」のイメージで語られるように・・・

■日本との関わり
ファン・ゴッホは、日本の浮世絵にも影響を受け、浮世絵の収集や模写なども行っています・・・
バブルの時代に、彼の作品「ひまわり」が驚きの価格で落札され、話題に・・・

■評価
ファン・ゴッホは、生前はほとんど絵が売れなかったが、死後は、絵の評価と価格が高騰し、評価・価格とも高い画家として知られています・・・
感情が激しく、情熱的で「炎の画家」とも・・・
大胆な色調と分厚い作風(絵の具の重ね塗り、お金がなかったことが影響しているとも)で知られます・・・


ゴッホを知るおすすめ作品



■ネットビジネス研究

□お小遣いサイト

お財布.com

アフィリエイト

おすすめレンタルサーバーとホームページ作成ソフト 

おすすめASP

ホームページ制作


  ゴッホ

ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング