MAIN−WAVE
伊藤若冲
ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング

 ニュース サイトマップ グループ

ホーム>>>フォーカス>>>

■フォーカスINDEX■■■■■

モーツァルト ビートルズ 葛飾北斎 手塚治虫 ダ・ヴィンチ
テスラ アインシュタイン ゴッホ ピカソ ニュートン
棟方志功 テシオ 南方熊楠 黒澤明 エジソン
キュリー夫人 フォン・ノイマン ファラデー シェレシェフスキー ポアンカレ
ブライトン 伊藤若冲      

■伊藤若冲■絵師■超絶な色彩感覚と技巧、奇抜な構成の絵師

伊藤若冲を知るおすすめ作品

■概要
伊藤若冲
正徳6年2月8日(1716年3月1日)−寛政12年9月10日(1800年10月27日)
近世日本の画家
江戸時代中期の絵師
名は名は汝鈞(じょきん)、字は景和(けいわ)。
初めは
春教(しゅんきょう)と号したという記事があるが、その使用例は見出されていない。
斗米庵(とべいあん)、米斗翁(べいとおう)、心遠館(しんえんかん)、錦街居士とも号す。
写実と想像を巧みに融合させた「奇想の画家」として知られる・・・

▼生涯ミニ略史
正徳6年に、青物問屋「枡屋」の長男として生まれる・・・
23歳のとき、父・源左衛門の死去に伴い、4代目枡屋(伊藤)源左衛門を襲名する。
「若冲」の号は、禅の師であった相国寺の禅僧から与えられたと推定される居士号[6]であり、「老子」45章の「大盈若沖(冲は沖の俗字)」から採られた・・・
若冲という人物は絵を描くこと以外、世間の雑事には全く興味を示さなかったという。
(商売には熱心でなく、芸事もせず、酒も嗜まず、生涯、妻も娶らなかった。)
40歳の宝暦5年(1755年)には、家督を3歳下の弟・白歳(宗巌)に譲り、名も「茂右衛門」と改め、はやばやと隠居する
(当時、40歳は「初老」)
明和2年(1765年)、枡屋の跡取りにしようと考えていた末弟・宗寂が死去・・・
隠居後の若冲は、作画三昧の日々を送っていたと見るのが長年の定説であったが、更に錦高倉市場の危機に際して市場再開に奔走していた事が、平成20年(2008年)年)美術史家にも認識されるように・・・
いろいろと雑事はあったが、一方で、安永年(1773年)に萬福寺住職から印可を得て、「革叟」の号と僧衣を貰っている・・・
天明8年(1799年)の天明の大火で、自宅を焼失・・・
晩年は、石峯寺の五百羅漢石像(通称:若冲五百羅漢.)や天井画などの制作に力を注ぎ、寛政12年死去・・・

▼作風
若冲は、狩野派に学んだとされ、狩野派との類似点も・・・
山水画・人物画は少なく、花鳥画や特に鶏の絵を得意とした・・・
超絶な色彩感覚と技巧の奇抜な構成の絵師・・・
絵には幻想的雰囲気も・・・

▼再評価
生前の若冲は人気と知名度を誇ったが、次第に忘れられる存在に・・・
しかし、大正末期以降、若冲の絵の研究、注目がされ、1990年以降、さらに注目され、細かい繊細な色彩と驚異の技法が「科学」によって解き明かされ、若冲の絵の「凄さ」が認識され、日本だけでなく、世界的に再評価されている・・・

伊藤若冲を知るおすすめ作品



■ネットビジネス研究

□お小遣いサイト

お財布.com

アフィリエイト

おすすめレンタルサーバーとホームページ作成ソフト 

おすすめASP

ホームページ制作


  伊藤若冲

ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング