MAIN−WAVE
カツラギエース
ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング

 ニュース サイトマップ グループ

ホーム>>>スタディ>>>競馬>>>世界の競走馬・日本の競走馬>>>

■カツラギエース■日本馬初のジャパンカップ勝ち馬

カツラギエース、牡、鹿毛、日本生産、日本調教
生没年月日・1980年4月24日−2000年7月3日
父ボイズィーボーイ 母タニノベンチャ
生産者・片山専太郎  馬主・野出長一→野出一三
調教師・土門一美  主戦騎手・西浦勝一
競走成績・22戦10勝(10−4−1−7) 主な勝利・ジャパンカップ、宝塚記念
■コメント
カツラギエースは、1980年に生まれました。

3冠馬・ミスターシービーと同世代です。

カツラギエースは、父ボイズィーボーイ母タニノベンチャ(父ヴェンチア)という血統です・・・

父ボイズィーボーイは、オーストラリアで活躍したのち輸入されたプリンリーギフト系の種牡馬で、ボイズィーボーイの母は名種牡馬のライジングフレームの全妹・・・
母系はプリティポリー系・・・

日本調教馬として初めてジャパンカップを制覇・・・
ミスターシービーのライバルで対戦成績は4勝4敗・・・


□カツラギエースを知るおすすめ作品

▼現役時代
▽2歳
カツラギエースはデビュー戦と3戦目に勝ち、この年は4戦2勝・・・

▽3歳
3歳になると、4歳ステークス13着、春蘭賞1着、苦手の重馬場でミスターシービーの皐月賞11着、NHK杯1着、日本ダービーがミスターシービーの6着、秋に神戸新聞杯、京都新聞杯(ミスターシービーは4着)と連勝するも、菊花賞がミスターシービーの20着・・・

▽4歳
4歳になると、鳴尾記念4着でスタートし、大阪杯、京阪杯、宝塚記念と連勝・・・
ついに大レース勝ち馬に・・・
高松宮杯がスズカコバンの5着・・・
秋に毎日王冠1着(ミスターシービーは2着)も、天皇賞・秋がミスターシービーの5着・・・
ミスターシービーとシンボリルドルフの3冠馬対決で注目されたジャパンカップで日本馬初の優勝(逃げ切り勝ち)・・・
シンボリルドルフ3着、ミスターシービー10着
「前哨戦に勝っても、本番ではシービーに負ける」「宝塚記念もシービー不在で勝てた」といわれたが、シービーに勝ち大レース制覇・・・
有馬記念ではシンボリルドルフに完敗の2着だったが、ミスターシービー(3着)に先着し現役引退・・・

▼競走成績
2歳 新馬1着、萩特別2着、りんどう特別1着、ラジオたんぱ賞3歳S3着
3歳 4歳S13着、春蘭賞1着、皐月賞11着、NHK杯1着、日本ダービー6着、神戸新聞杯1着、京都新聞杯1着、菊花賞20着
4歳 鳴尾記念4着、大阪杯1着、京阪杯1着、宝塚記念1着、高松宮杯5着、毎日王冠1着、天皇賞・秋5着、ジャパンカップ1着、有馬記念2着

▼現役引退後
現役引退後、種牡馬となり、アポロピンク(東京ダービー)やヤマニンマリー(サンスポ4歳牝馬特別)などを輩出・・・
2000年に死亡。


□カツラギエースを知るおすすめ作品

■3代血統図
Nearco5×4、Easton5×5、Pharos5×5
*ボイズィーボーイ
Boysie Boy

1965 黒鹿毛
King’s Troop

1957 鹿毛
Princely Gift
Equiria
RIging Hope

1951 黒鹿毛
The Phoenix
Admirable
タニノベンチャ

1971 黒鹿毛
*ヴェンチア
Venture

1957 黒鹿毛
Relic
Rose o’Lynn
*アベイブリッジ
Abbey Bridge

1958 鹿毛
Entente Cordiale
British Railways


  カツラギエース

ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング