MAIN−WAVE
オリジナル(奇跡の完治)
ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング 

 ニュース サイトマップ グループ

ホーム>>>ショッピングトップ>>>

  • はてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

お問い合わせは、各ショップ及びプロバイダーへお願いします
ただしオリジナル・その他については、メールinfo@main−wave.comまでお願いします

 
 
ショッピングトップ
■オリジナル
BOOK
CD
□Blu−ray
DVD
ライフスタイル
□リンク


■奇跡の完治■

このホームページの管理者・運営者 安波 淳で、糖尿病を完治させた本人
自宅の自室にて撮影
名前:安波 淳(ヤスナミ アツシ)
住所:〒360−0811 埼玉県熊谷市原島1075−6
電話番号:048−521−0165
↑完治前 2011年3月3日採血 病院の検査結果データ(報告書)
↑完治後 2012年1月4日採血 病院の検査結果データ(報告書)

糖尿病からの完治のノンフィクション・・・

(下の方にも糖尿病の完治の証拠写真と安波 淳の写真あり)

糖尿病になると、
治らない、一生つきあわなければならないといわれます。

現代医学の常識・通説では、そのようにいわれています。


はたして、そうでしょうか。

ここに
糖尿病を宣告されながら「奇跡の完治」をした人間がいます。

かくいう私が、その本人なのですが・・・

私は特別な人間ではなく、皆様と同じ普通の人間です。

(下の方にも糖尿病の完治の証拠写真と安波 淳の写真あり)

糖尿病は治らない,一生付き合わなければならない・・・という現代医学の常識にあえて挑み、克服した人間です。


糖尿病になるとあきらめ、一生つきあうことを否定し、完治へ向けて、試行錯誤しました。

一般に糖尿病で、「完治」というと薬を服用せず、インスリンを打たず、食事制限のみになることをいいます。

しかし、これでは、元の生活に戻ったとはいえず、食事制限という「しがらみ」がついてきます。

現代医学では治らないと言われている糖尿病が完治すれば、食事制限という「しがらみ」から解放され、自由な食生活を送れます。

甘いお菓子、チョコレートが食べ放題で、こってりのラーメンなども食べ放題です。

下の方にも糖尿病の完治の証拠写真と安波 淳の写真があります。

私の考える「完治」とは、食事制限もせず、自由に飲食が出来ることをいいます。

医者に頼っていただけでは、糖尿病は「完治」しない、と考えた私は、独自の方法で糖尿病を「完治」させました。

2011年1月18日に、右半身の不自由で、病院へ行き、そのまま入院、病名は脳梗塞で、原因に糖尿病もからみました。入院した当時、医者から「これほど症状の重い患者は、めったにいない」といわれ人工透析も将来の視野に・・・といわれた人間が、それから「奇跡の回復」で、同年2月24日に退院、同年4月7日には、薬の服用をやめ、同年5月26日には、インスリンを打つのも止めました。

その後に、自分で血糖値の測定器具を買い、糖尿病が「完治」していることを確認しました。

病院の検査でも、普通に食事をし(食事制限なしで)、血糖値、HbA1Cが、正常値で、「完治」を確認しました。

レポート「
奇跡の完治」には独自の(完治)方法などが書いています。

本サイトの「奇跡の完治」などをすみずみまで熟読してください。



この「奇跡の完治」を自分だけのものとしておこうかと思いましたが、今日があるのは周囲の励ましなどもあったからで、そのため独自の方法で完治させたことを公開します。

糖尿病で一生つきあうとなると、精神的にも経済的にも大きな負担となります。

自分の一生の人生を有意義に過ごすためにも、一般には「治らない」といわれている糖尿病を「完治」させる必要があります。

レポート「奇跡の完治」がその一助となれば・・・と思います。

現在、私は食事制限をすることなく、自由な食生活を送っています。

「完治」したことを実感しつつ・・・、もちろんアルコールも自由に飲んでいます。


私は、私の住所、名前、電話番号などの個人情報と私の顔写真を公開しています。

どうぞ、私について確認してください。


レポート「奇跡の完治」は、14,800円(送料無料)です。

レポート「奇跡の完治」は、糖尿病を完治させた独自の方法を紹介しており、本サイトなどで私の糖尿病の実体験、糖尿病の記録、糖尿病の完治への考え方、心境なども書き綴られています。

本サイトの「奇跡の完治」などをすみずみまで熟読してください。

糖尿病の完治には、糖尿病を完治させた独自の方法などの方法論ももちろん大事ですが、自分で「糖尿病を絶対の絶対に完治させる!」との強い気持ちが一番大事だと思います。

他力本願ではない自力本願の本気の強い気持ち、思い、考えこそ大事だと思います。

現代医学の常識のように一生付き合うことを考えれば、レポートの料金も決して高くないと思います。

金銭感覚は確かに人それぞれですが、完治へ向け行動するのみだと思います。

現代医学では完治しないといわれる糖尿病が完治すれば、素晴らしいことです。

一人でも多くの人が糖尿病からの奇跡の完治をすることを希望します。

レポート「奇跡の完治」は、入金が(私に)確認されて、1週間以内に発送します。

メールでの申し込み、入金の確認が出来次第、確認の返信メールをします。

レポート「奇跡の完治」は、本気で糖尿病を完治させたい糖尿病患者の方のみ申し込んでください。


レポート「奇跡の完治」


▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
レポート「奇跡の完治」の申し込みフォームへ
(申し込みフォームへ移動しただけでは、申し込みは完了しません)
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲


不明な点、ご意見、ご質問などありましたら、メールinfo@main-wave.com
までお気軽にどうぞ。


特定商取引法に関する記述

〒360−0811 埼玉県熊谷市原島1075−6(自宅の住所です)

安波 淳(ヤスナミ アツシ)

電話 048−521−0165(自宅の電話です)


ブログ「糖尿病からの奇跡の完治」もありますので、そちらもよろしくお願いします。
(担当医は、糖尿病とは、専門外の脳神経外科の医者のため実名などの公表は、本人に許可を得ていないため公表できず)
それに、ホームページ上で発表すると、入院した病院へご迷惑がかかるおそれがあるので・・・




糖尿の完治は、スピードが早ければ早いほど、年齢が若ければ若いほど、その可能性があると思います。

まさに「時は金なり」「鉄は熱いうちに打て」で、糖尿病という病気に「慣れる」前に完治させたほうがよいと思います。

ちなみに、私が糖尿病を完治させたのは、糖尿病がわかったのは、2011年1月18日(発病はそれ以前かもしれませんが・・・)で、完治を完全に確認(病院の検査結果データの確認)したのは、2012年2月1日ですから、完治の確認まで1年ちょっとのスピード、年齢は40代の若さでした。

この完治の確認までのスピードの早さと年齢の若さが糖尿病の完治にプラスだったと思います。

人生を有意義に過ごすために、一刻も早く、私の糖尿病を完治させた独自の方法を実践し、糖尿病を完治させるべきです。

あなたが有意義な人生を過ごすために・・・。



糖尿病の完治については、ブログ「糖尿病からの奇跡の完治」でも詳しく説明してますが、その記事よりいくつかをピックアップしてみます。
・・・( )内は、本サイトの加筆です・・・

・糖尿病を完治させた独自の方法とは

(糖尿病の完治には、絶対積極、クンバハカ、安定打座法などで知られるヨガ行者の中村天風氏の考え方が取り入れられています)

糖尿病を完治させた独自の方法は、幼児教育、超能力研究などでも知られる右脳研究の七田眞氏の考え方・テクニックなどを取り入れています。

先の中村天風氏の考え方も糖尿病の完治に取り入れられているように、意外な組み合わせに感じると思います。

私自身も糖尿病の完治につながるとはびっくりしていますが、私は自分を信じ、中村天風氏や七田眞氏の考え方を取り入れた独自の方法を実践しました。

さらに、言葉の力を研究している佐藤富雄氏、中国武術の太気拳の澤井健一氏、ヨガの藤本憲幸氏などの考え方、テクニックも糖尿病の完治に取り入れています。

私の糖尿病を完治させた独自の方法には先達の叡智、考え方、テクニックが取り入れられているといえます。

おそらく誰もが思いつかなかった独自の方法を実践したからこそ、糖尿病の完治という貴重な結果になったのだと思います。

・私の薬、インスリンなどの履歴

私が西川口の病院へ入院していたときに服用していた薬は、糖尿病関係では、朝・昼・夕の食前に1錠ずつのグルコバイと朝1錠のアクトスという薬と脳梗塞関係で朝食後3錠(名前は忘れましたが、1つはプレタール)、夕食後2錠(同じく名前は忘れましたが1つはプレタール)、痛風の関係で朝食後1錠(同じく名前は忘れました)です。

グルコバイは、甘く、食事制限などで、甘いものが食べられなかった私はグルコバイを服用するのが楽しみでした。

さらにインスリンを打つ器具は、右半身が不自由だったため、あまり力を入れず打てるイノレット30R注でした。

イノレット30R注は、ダイヤル式で、私は最盛期(?)には、朝11単位、夕13単位を打っていました。

熊谷の脳外科の病院に通院してからは、病院には全く同じ薬がないものもあるので、糖尿病の関係では朝・昼・夕の食前に1錠ずつのベイスン、朝食後1錠のアクトス、脳梗塞関係で朝食後ノルバルク2錠、フルイトラン1錠、プレタール1錠で、夕食後プレタール1錠を服用し、痛風関係の代替え品はその病院にはないので処方されませんでした。

さらにインスリンはその病院は打たない方針のため、ほどなくインスリンの在庫が切れてから、同じ熊谷の糖尿病の専門病院へ転院し通院治療しました。

その病院では、糖尿病の関係で朝・昼・夕食前にベイスン1錠ずつ、朝食後にアクトス1錠、脳梗塞関係で朝食後にフロセミド1錠、フレニード1錠、夕食後にフレニード1錠、痛風関係で朝食後にアロチーム1錠を服用しました。

さらにインスリンを打つ器具もイノレット30Rで、朝11単位、夕13単位です。

しばらくすると、3食前に服用していたベイスンと朝食後のアクトスの糖尿病関係の薬の服用をやめるまでに回復しましたが、血圧が高く、脳梗塞の関係で朝食後フロセミド2錠、アムロジビン2錠、フレニード錠、夕食後にフレニード1錠、痛風関係でアロチーム1錠(多くは資料に基づいているがこの部分は資料が紛失し、私の記憶をたよりにしている)となりました。

インスリンを打つ器具は、イノレット30R注で、朝10単位、夕10単位に減量、回復しました。

その後、言語障害で、脳外科の病院へ行くと即入院となりました。

脳外科の病院でも血圧が高く、脳梗塞関係で朝食後ノルバルク1錠、プレタール1錠、バイスピリン1錠、ニューロタン1錠、夕食後ノルバルク1錠、プレタール1錠、痛風関係で朝食後ザイロリック1錠を服用しました。

自分で血糖値の測定器具を所持していた私は、血糖値を測定し自分でインスリンを打っていましたが、脳外科の病院で血糖値の数値がよく、インスリンをやめられました。

退院後は、ふたたび脳外科の病院で通院治療することを決めた私はすっきりと整理するため、診察券の代わりだった「糖尿病手帳」とインスリンの在庫の残り、自分で血糖値を測定する測定器具、血糖値測定の針、血糖値測定のセンサー、自分で血糖値を測定した数値を記録するノートなどを糖尿病の専門病院に返却しました。(あとで、自分で血糖値測定器具を買うことになるなら、手放さなければよかったと後悔しましたが)

その後、自分で血糖値測定器具を買い、糖尿病が完治したことを検証、確認することになります。

検証は3日間にわたり、食後2時間の血糖値が薬を服用せず、インスリンも打たないで、食事制限なしで正常であることを確認しました。

以後、私は食事制限をしていません。

念のため、日を置き、薬を服用せず、インスリンも打たず、食事制限なしで食後2時間の血糖値を測定しましたが、数値は正常でした。

念には念を入れ、病院の検査結果データも確認しましたが、薬を服用せず、インスリンも打たず、食事制限なしで血糖値(食前、病院では食前の血糖値しか見ていない)、HbA1Cが正常であることを確認しました。

HbA1Cは、長いスパンで糖尿病の状態を判断するため、ごまかしが効かないはず・・・。

私はごまかしの効かないHbA1Cの正常値を確認し、糖尿病の完治を確信しました。

私は、間違いなく糖尿病を完治させました。

完治までの道は1年ちょっとで一般的には早かったのでしょうが、私にとっては長い道でした。

・私の入院生活

私は脳梗塞(と糖尿病)で、西川口の病院に入院しましたが、入院した病棟は、脳外科の病棟で年齢が40代だった私は病棟でも若い方でした。

脳外科の病棟へ入院した人の多くは老人でした。

健康に自身のあった私はまさか入院することになるとは思いませんでした。

糖尿病のため、薬を服用し、インスリンを打ち、食事制限のある生活です。

病院のスタッフは皆親切で献身的でしたが、私は退院し、自由になりたいとそればかり考えていました。

テレビは、自分の部屋でもお金を払いカードを買えば、見られ、皆が集まることのできるロビーでもテレビは見られましたが、テレビを見たいという気にはなれませんでした。

テレビでもグルメ番組が多く、当時食事制限をしていた私には見たくはありませんでした。

美味しそうな料理でも食事制限で自由に食べられなかったからです。

さらに、ロビーには自動販売機も設置されていましたが、食事制限をしていた当時の私は甘いコーヒーや炭酸飲料を飲むことができず、お茶ばかり飲んでいました。

食事制限のある不自由な食生活でしたね。

食事制限は退院後も当然続き、退院しても食事制限のしがらみがありました。

そして退院後に、独自の方法を実践し始めました。

糖尿病に関する数値はよくなり、薬の服用をやめられ、インスリンを打つのもやめられました。

でも食事制限は当然残りました。

熊谷の病院に脳梗塞の言語障害で再入院と再退院もありました。

その後、自分で血糖値の測定器具を買い(以前は器具を所持していたが、手放していた)、糖尿病が完治したことを検証、確認してからは、食事制限のしがらみから解放されました。

自分で糖尿病の完治を検証、確認してからは食事制限をしていません。

3日間にわたり、検証、確認し、日を置き検証、確認し糖尿病の完治を確認しましたが、念のため、客観的データで確認するため、病院の検査結果データも確認しましたが、血糖値、HbA1Cともに薬も服用せず、インスリンも打たず、食事制限なしで数値が正常値で糖尿病が完治したことを確認しました。

「間違いなく、糖尿病は完治している!」

私はこの事実に歓喜しました。

この結果には、私自身が驚きましたが、事実は事実、これは現実なのです。

人間の大いなる可能性を感じ、糖尿病が完治したことを感謝しました。

文章にすると、糖尿病の完治は簡単に書けますが、糖尿病の完治をするまでの道のりは大変でした。

糖尿病を経験した人にしかこの苦労、大変さはわからないと思います。

糖尿病の苦労、大変さをわかるからこそ、糖尿病を完治させて欲しいと、糖尿病を完治させた独自の方法をまとめたレポート「奇跡の完治」を販売しています。

もし、あなたが糖尿病患者なら、レポート「奇跡の完治」を手に入れ、私の独自の方法を実践し、糖尿病を完治させてほしいと思います。

尿路結石の破砕術もした

私が2011年1月18日に、脳梗塞と糖尿病で西川口の病院に入院したときは、腎臓の機能も弱っていました。

左の腎臓に大きな石があるといわれました。

尿路結石ですね。

私は、西川口の病院に入院している間(退院が同年2月24日なので、その前、残念ながら手術の年月日は忘れましたが、西川口の病院に問い合わせれば、手術した年月日がわかります)におちんちんから管を挿入され(尿がスムーズに出るように、尿の通り道を確保)、食事も生野菜はカリウムがあるので、腎臓の悪い私には、カリウムが良くないので、野菜はほとんどボイルされたものを食べており、尿路結石の石を破砕する体外衝撃波結石破砕術(ESWL)という手術を受けました。

この手術は、1度では石が完全に破砕されず、退院後の2012年4月8日にも受けました。

その時は1泊の短期入院での手術でした。

腎臓機能が著しく悪い私は将来は人工透析になるかもしれないといわれました。

当時の私の体は、ボロボロでしたね。

野菜をボイルして食べるのは、退院後もしばらく続き、泌尿器科にもしばらく通院し様子を見ていました。

腎臓機能の数値が回復し、生野菜も食べられるようになり、おちんちんから腎臓へ挿入した管も取り除けました。(管はおちんちんから、割と簡単に取り除きました)

人工透析になるかもしれないといわれた私は、驚異的回復をしました。

糖尿病のため、眼底検査で、眼科にも通院していました(泌尿器科も眼科も西川口の病院、西川口の病院は総合病院)が、糖尿病が完治したのを確認して以来、通院もやめました。

通院をやめて以後も、全く問題はありません。

よくぞここまで回復したな・・・と自分でも感じます。


繰り返しますが、私は、私の住所、名前、電話番号などの個人情報と私の顔写真を公開しています。

どうぞ、私について確認してください。




お問い合わせなどから!


私の「奇跡の完治」が真実であることは、メールで問い合わせれば、病院の診断・検査結果データ(コピー)
の詳細などの情報を教えます。
お問い合わせなどから!



Q&A

Q 本当に糖尿病は完治しましたか

A はい、完治しました。
  この病院の担当医(入院時の担当医ではない、入院時の担当医は病院を退職、
  ほかで開業しているようです)には糖尿病が完治したことを病院の診断・検査データ
  を見せ、納得させました。
  また、
病院の診断・検査データ(コピー)の詳細もメールで問い合わせれば、
  教えます。

Q 本当に糖尿病は完治しますか

A 私が実行した独自の方法を忠実に実行すれば完治すると思います。
  なぜなら、私自身も特別な人間ではなく、普通の人間だからです。
  普通の人間の私が完治したのですから、誰も完治するはずです。
  レポート購入後も、完治へ向け、全力でメールなり、お電話で
  サポートさせていただきます。
  糖尿病は、一生治らないといわれる現代医学の常識が覆ることを多くの人に
  実感してほしいと思います。

Q メールは、悪用されませんか

A メールは、一切の悪用はされませんので、安心してお問い合わせ、
  お申し込みをしてください。
  また、このホームページでわからないことなどがあればお気軽にお問い合わせ、
  ご質問をください。
  お電話048−521−0165でも受け付けています。
  すべてのお問い合わせなどは、悪用いたしません。
  誠意を持って回答させていただきます。


Q 糖尿病が完治した独自の方法は難しいですか

A 誰でもできる簡単な方法で、もちろん命の危険を伴う方法ではありません。
  しかし、誰もが行わない独自の方法ではあります。
  誰もが行わない方法を行ったからこそ、奇跡といわれる糖尿病の完治を成し得た
  のだと思います。
  私自身、この成果(完治したこと)に驚いています。
  人間の自然治癒力、奇跡の不思議さに実感しています。
  この奇跡の体験を実感してほしいと独自の方法を公開することにしました。



▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
レポート「奇跡の完治」の申し込みフォームへ
(申し込みフォームへ移動しただけでは、申し込みは完了しません)
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲


糖尿病の完治の証拠写真
2011年3月3日採血 完治前

2012年1月4日採血 完治後

完治前(上)と完治後(下)の病院での検査結果報告書です
印刷するなりし、拡大してみるとわかりますが、完治前は食事制限ありで、血糖値172(食事前)、HbA1C7.00が、完治後は食事制限なしで血糖値102(食事前)、HbA1C5.19になっています。

自分で購入した血糖値の測定器具



完治を証明した普段より大量の食事とチョコをたっぷり食べた後の食後2時間後の血糖値


念のため、日を置いて食事制限なしで測定し、完治を証明した食後2時間後の血糖値
(この日はアルコールも入り、食事時間が遅かった、合間に間食あり)


安波 淳(このホームページ運営者、糖尿病から完治した本人)の写真

自宅にて自分で撮影




  オリジナル(奇跡の完治)

ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング