MAIN−WAVE
名盤(ロック・ポップス)(ビートルズ以外)オアシス−オアシス
ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング

 ニュース サイトマップ グループ

ホーム>>>スタディ>>>音楽>>>名盤>>>名盤(ロック)>>>

■名盤(ロック・ポップス)(ビートルズ以外)■■■■■
■オアシス−オアシス■

『オアシス』 オアシス

オアシス オアシス
オアシス

エピックレコードジャパン 1994-09-08
売り上げランキング : 67895

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

低迷していた1990年代のイギリス・ロックを復活させたオアシスのデビュー・アルバム『オアシス』(原題:Definitely Maybe)です。

1990年代初頭のイギリスの音楽シーンは、グランジ・ロックの隆盛によりアメリカの音楽がチャートの上位を占め、イギリス・ロックは停滞し、低迷し、活気を失っていました。

グランジ・ロックは、ニルヴァーナのカート・コバーンの自殺などもあり、その後イギリスのロック・シーンでの影響力が薄まっていきます。

このタイミングで、イギリス・ロックを復活させるがごとくデビューしたのがオアシスでした。

イギリス・ロックは、ブラーのサード・アルバム『パークライフ』とオアシスのデビュー・アルバム『オアシス』によって復活したといってもよいかもしれません。

ブラーとオアシスの両バンドは、伝統的なイギリス・ロックの音楽性を強く持つバンドであり、イギリス・ロックの復活とともに、多くのイギリスの若き才能を音楽シーンに向かわせ、世間で言われる「ブリット・ポップ」ムーブメントへつながります。
(オアシスは続くセカンド・アルバム『モーニング・グローリー』でイギリス色を残しながらもその枠にとどまらない世界的普遍性を持つ音を聴かせて世界的大成功をし、ブラーは続く4枚目のアルバム『ザ・グレイト・エスケープ』のアメリカでの失敗を教訓に5枚目のアルバム『ブラー』でアメリカの音楽に接近してイギリス色を消して新たな境地へ向かいました)

「ブリット・ポップ」ムーブメント自体は、イギリスの音楽メディアが煽った部分も多い個人的には懐疑的ムーブメントだったとは思いますが、オアシスらの成功、活躍、影響から後の音楽シーンで大成功しているコールドプレイらが誕生したのも確かだと思います。

オアシスは、『オアシス』でイギリス制覇をした後、『モーニング・グローリー』で世界を制覇し、世界的なバンドとなった経緯からもオアシスの最高傑作アルバムは『モーニング・グローリー』だと個人的には思っています。

しかし、オアシスというバンドの生き様、考え方、姿勢などのアティチュードが強く打ち出されている『オアシス』は、そのオアシスのアティチュード、デビューの衝撃度、インパクトをパッケージした「勢い」と「凄み」があり、その点では『モーニング・グローリー』すら上回っていると思います。

そのアティチュードは、もちろんアルバム全体に感じますが、特に収録曲の中では「ロックンロール・スター」、「リヴ・フォーエバー」、「スーパー・ソニック」らに強く感じることが出来ます。

そして『モーニング・グローリー』同様に、捨て曲なしの「奇跡のアルバム」といってよいと思います。

私にとってはオアシスのファーストとセカンド・・・『オアシス』と『モーニング・グローリー』は、1990年代の大傑作アルバムであり、歴史的名盤だと思います。

オアシスのメイン・ソング・ライターであるノエル・ギャラガーは、『オアシス』をオアシスの最高傑作アルバムだと公言しています。

余談ですが、オアシスのファースト・アルバムの邦題タイトルは、『オアシス』ではなく、原題をカタカナ表記した『ディフィニトリー・メイビー』でよかったのでは・・・と個人的には思っています。


  名盤(ロック・ポップス)(ビートルズ以外)オアシス−オアシス

ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング