MAIN−WAVE
ニュートン
ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング

 ニュース サイトマップ グループ

ホーム>>>フォーカス>>>

■フォーカスINDEX■■■■■

モーツァルト ビートルズ 葛飾北斎 手塚治虫 ダ・ヴィンチ
テスラ アインシュタイン ゴッホ ピカソ ニュートン
棟方志功 テシオ 南方熊楠 黒澤明 エジソン
キュリー夫人 フォン・ノイマン ファラデー シェレシェフスキー ポアンカレ
ブライトン 伊藤若冲      

■アイザック・ニュートン■物理学者・数学者■古典物理学を支配した巨人

ニュートンを知るおすすめ作品

▼古典物理学を支配した巨人

サー・アイザック・ニュートン ユリウス暦;1642年12月25日−1727年3月20日 グレゴリオ暦;1643年1月4日−1727年3月31日
(イギリス(のイングランド)生まれの物理学者・数学者・自然哲学者・天文学者)

主な業績として、ニュートン力学の確立や微積分法の発見がある・・・

1717年に造幣局長としてニュートン比価および兌換率を定めました・・・
ナポレオン戦争による兌換停止を経て、1821年5月にイングランド銀行はニュートン兌換率により兌換を再開・・・


生涯
サー・アイザック・ニュートンは、ユリウス暦;1942年12月25日、グレゴリオ暦;1943年1月4日に、イングランドに生まれます・・・

実母は、アイザックが3歳の時、バーナバス・スミスと再婚し、アイザックの元を離れ、アイザックは祖母に養育されます・・・

母親はアイザックの才能に気づかずも、親類がそれに気づき、1655年にグランサムのグラマースクールに入学・・・
(自宅はスクールから遠かったので、母の知り合いの薬剤師・クラーク家に下宿)
(ニュートンは、ここで薬学の蔵書に出会い、興味をもつ)

ニュートンは、クラーク家の養女・ストーリーと親友となる・・・
(ニュートンは、18歳でストーリーと婚約するも、法的には結婚せず、生涯独身・・・)

14歳の時、母の再婚相手が死去し、母は、再婚相手の子とともに、アイザックの元へ・・・

アイザックに農業を学ばせるため、学校を退学・・・

母は息子アイザックの適性を考え、ケンブリッジ大のトリニテイ・カレッジで学ばせるため、学校に復学し、聖書、算術、ラテン語、古代史、初等幾何などを学ぶ・・・

1661年にトリニテイ・カレッジに入学・・・

ニュートンは、当時としては、比較的新しい数学書、自然哲学書を好んだとされる・・・

ニュートンは、ここでよき師・アイザック・バローと出会う・・・
(バローとの出会いにより、万有引力、二項定理の発見、さらに微分積分学の発展へ・・・)

ペスト禍を逃れて故郷の田舎にいた18ヶ月間の休暇でニュートンの三大偉業(「万有引力」「光学」、「微分積分学」)はなされる・・・
(そのため、この時期をニュートンの「驚異の年」とも・・・)

1665年にカレッジを卒業し、バチュラ―(学士)の学位を得る・・・

1667年にペストが治まり、ケンブリッジ大に戻り、偶然が重なりフェローとなり、微分積分法を発見・・・
(ライプニッツも独自に微分積分法を発見)
(ライプニッツの方が発表は早かったが、ニュートンが先に発見したとし、法廷闘争に・・・)

1668年に、ニュートン式顕微鏡の考案し、第1号機を完成・・・
I(1972年に改良した第2号機を王立協会に提出し、会員に推薦される・・・)

1669年に、ケンブリッジ大のルーカス教授職に就く・・・

ルーカス教授時代に、「光学」「自然哲学の数学的原理」の刊行などと合わせ聖書研究や錬金術の実験などにも没頭・・・

ニュートンの蔵書1624冊のうち、数学・自然学・天文学関連は259冊で16%なのに対し、神学・哲学関連は518冊で32%・・・
ニュートンが哲学者として聖書研究や錬金術研究も熱心だったことは確かだが、後の科学者や科学史で、自分の都合いい(ニュートンは純然たる「科学者」)ように事実が曲げられていたことが後に判明・・・

1688年からは、庶民院議員(下院議員)・・・

ニュートンは、大著の後で疲れており、人間関係のわずらわしさも・・・

1696年4月に、王立造幣局監事、1699年に王立造幣局長官に昇進・・・

造幣局に努めてからは、錬金術研究に没頭・・・
(この期間のいわゆる「科学的」研究はない・・・)

1705年に、ナイトの称号が贈られる・・・
(自然科学の業績でナイトが贈られたのはニュートンが最初)

授与から20年ほど後のユリウス暦;1727年3月20日、グレゴリオ暦;1727年3月31日死去・・・


ニュートンのオカルト研究
ニュートンは、表だっては、科学者として評価されているが、聖書研究、神学研究、錬金術研究などいわゆる「オカルト」研究も熱心だったとされる・・・

こちらの研究の方がより熱心だったとも・・・


ニュートンの数々の論争
ニュートンは同時代の人々としばしば論争したことで知られる・・・

・ライプニッツとの微分積分積分の論争
・ロバート・フックとの光の分散・干渉の論争
・ジョン・フラムステードとの彗星についての論争
・ロバート・フックとの万有引力の論争

ニュートンは、ロバート・フックへの書簡で「巨人の肩の上に乗っている」(注)(巨人(先人、過去の偉大な科学者たち)の肩の上に乗っている(偉大な業績を継承し、発展させた))との主旨を述べたとされる

(注)巨人の肩の上に乗っている
「巨人の肩の上」発言は、ニュートン以前にフランスの哲学者のシャルトルのベルナールが最初に用いたとされる


ニュートンの評価
ニュートンは、物理学・数学において当時から権威のあった巨人で名声を頼みにした点もあるようだ・・・

物理学に関しては「古典物理学を支配した巨人」だった・・・

オカルト研究にも熱心だったようだが、科学者として後世にも尊敬されており、専門の学者としては、蔵書が少なく、独自のアイデアを重視していたとされるアインシュタイン・・・
ニュートンの主書「プリンキピア」はアインシュタインの蔵書だった・・・


ニュートンを知るおすすめ作品



■ネットビジネス研究

□お小遣いサイト

お財布.com

アフィリエイト

おすすめレンタルサーバーとホームページ作成ソフト 

おすすめASP

ホームページ制作


  ニュートン

ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング