MAIN−WAVE
王向斉
ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング

 ニュース サイトマップ グループ

ホーム>>>スタディ>>>スポーツ>>>格闘技の超人>>>

■格闘技の超人−INDEX■■■■■
   <国内編> 
塩田剛三 植芝盛平 中村日出夫 大山倍達 澤井健一
武田惣角 木村政彦 岡野功 山下泰裕 中村誠
佐川幸義
   <海外編> 
李書文 郭雲深 董海川 王向斉

■王向斉■中国武術(意拳)■意拳(大成拳)の創始者

王向斉を知るおすすめ作品

王向斉 1886年−1963年7月12日

河北深縣魏林村に生まれます。

実戦でのずば抜けた強さから、国を代表する拳法の達人「国手」といわれました。


少年時代に形意拳の達人・郭雲深の最後の弟子として、形意拳などを学びます。

また、師伯にあたる張樹徳より古傳の大槍を学びます。

1913年頃、北京陸軍武術傳習所にて五行拳・十二形などを研究します。

1918年頃、河南、湖南、湖北、福建省などで数々の中国武術を研究します。

その他にも多くのところで、中国武術を研究・学んでいます。

その中国武術などの研究で、エッセンスを抽出して創意工夫の末に意拳(大成拳)を創始する。



意拳には、型がなく、気を練ることを主眼にしています。

その動きは、変幻自在といわれました。

王の著名な弟子で、日本人に澤井健一氏がいます。

澤井健一氏は、王の許可を得て、太気拳を創始しています。



試合において、王がただ軽く相手に触れるだけで、相手は落雷のような衝撃を受け、倒れたといいます。

また、対戦相手は、王の動きを目でとられることが出来ず、まるで顔が7つあるように見えたといいます。

王は「ミリの単位」でよけるといわれ、鉄壁な攻撃とともに鉄壁な防御をほこりました。


腰周りが大きく、日頃の鍛錬の成果かと思われます。

前述のように「国手」とたたえられ、その強さは伝説的です。

王向斉を知るおすすめ作品



■ネットビジネス研究

□お小遣いサイト

お財布.com

アフィリエイト

おすすめレンタルサーバーとホームページ作成ソフト 

おすすめASP

ホームページ制作


  王向斉

ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング