MAIN−WAVE
1970年代ロック・ポップス
ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング

 ニュース サイトマップ グループ

ホーム>>>ショッピングトップ>>>CD>>>ロック・ポップス>>>

お問い合わせは、各ショップ及びプロバイダーへお願いします
 

ショッピングトップ
オリジナル
BOOK
CD
 ┣ロック・ポップス
  ┣□1950年代
  ┣□1960年代
  ┣■1970年代
  ┣□1980年代
  ┣□1990年代(〜2000)

 邦楽
 クラシック
 □ジャズ
□Blu−ray
DVD
ライフスタイル
□リンク





■1970年代ロック・ポップス■

ロック・ビジネスが巨大化し、セールス面でも大きく伸びたのは1970年代からでした。
中でもレッド・ツェツペリンはブルースからハード・ロックを生み、さまざまな音楽を吸収し巨大化したロックの巨人であり、ビートルズと並ぶ別格の存在です。
1970年代ロック・ポップスでも多くのアーティスト、傑作が生まれましたが、巨大化したロックに形骸化と閉塞感が生まれるとそれを破壊するかのようなパンク・ロック・ムーブメントが起こり、そのムーブメントが台風のように去り、新たな音楽が模索されることになります。
 
レッド・ツェッペリンIV
『レッドツェッペリンW』
レッドツェッペリン
レッド・ツェッペリンの4枚目のアルバムにして最高傑作といわれる本作

特にレコードではA面となる「ブラック・ドッグ」から「天国への階段」への流れは素晴らしい

名曲「天国への階段」のアレンジはクラシック指揮の巨匠・ヘルベルト・フォン・カラヤンをして「私がアレンジしても全く同じ内容になる(ほど完璧)」と発言したといわれるます


 
 
レッド・ツェッペリンIII
『レッド・ツェッペリンV』
レッド・ツェッペリン
 
フィジカル・グラフィティ
『フィジカル・グラフィティ』
レッド・ツェッペリン
 
プレゼンス

『プレゼンス』
レッド・ツェッペリン
それまでのハードな音からアコーステックな音に変化したといわれる3枚目
しかし個人的にはハードな音も感じます
変化期の重要アルバム

2枚組のボリュームを誇る傑作
アルバムが出るたびに酷評をしたメディアもこのアルバムの発表において彼らの音楽的な底力と壮大なスケールに絶賛を送るしかありませんでした
ドライヴ感あふれたリズムがアルバム全体を包む傑作
レッド・ツェッペリンの後期を代表するオリジナルで奇跡の音を聴くことができます

 
狂気
『狂気』
ピンク・フロイド
プログレ・ロックの巨人・ピンク・フロイドの最高傑作にしてロック史に残る名盤です

15年間も全米チャートにランクインし、ギネス記録を保持する超ロングセラーアルバム

当時の録音技術を駆使した音楽性、アートワーク、セールスなど全てが完璧(パーフェクト)です


 
つづれおり
『つづれおり』
キャロル・キング
キャロル・キングの最高傑作にしてシンガー・ソングライターの頂点となる傑作アルバムです

あくまでもナチュラルな空気がアルバム全体を支配しています

リラックスした落ち着いた佇まいながらロックを強く感じるアルバム


 
勝手にしやがれ!!
『勝手にしやがれ!!』
セックス・ピストルズ
尖った(ロンドン)パンク・ロックの代表ともいわれるセックス・ピストルズの唯一のオリジナル・アルバムですが、聴いてみると意外にポップ度が高い作品

セックス・ピストルズ、パンク・ロックの存在価値は閉塞したロック音楽の雲を一掃した台風のようなものかもしれません


 
 
スウィート・ベイビー・ジェイムス
『スウィート・ベイビー・ジェイムス』
ジェイムス・テイラー
 
マシン・ヘッド

『マシン・ヘッド』
ディープ・パープル
 
ディーペスト・パープル

『ディーペスト・パープル』
ディープ・パープル
キャロル・キングの『つづれおり』とともにシンガー・ソングライターの歴史的傑作アルバムです

ハード・ロックの名盤にしてディープ・パープルの最高傑作アルバム 絶頂期の曲が中心のベスト・アルバムで、1980年代発売のアルバムですが、ディープ・パープルの絶頂期は1970年代なので・・・
 
 
461オーシャン・ブールヴァード
『461オーシャン・ブールヴァード』
エリック・クラプトン
 
明日なき暴走
『明日なき暴走』
ブルース・スプリングスティーン
 
白い暴動
白い暴動
ザ・クラッシュ
ドラックから立ち直ったカムバック作であり、リラックスした雰囲気で余裕すら感じさせる傑作
収録されたボブ・マーリーのカバー曲と併せて全米1位を獲得

プルース・スプリングスティーンの出世作
このアルバムでブルースの個性とイメージが確立されました
クラッシュのデビュー・アルバムでいかにもパンクらしいガレージ・ロックな音ですが、だからこそ勢いを感じます
 
 
ロンドン・コーリング
『ロンドン・コーリング』
ザ・クラッシュ
 
ザ・シングルズ

『ザ・シングルズ』
ザ・フー
 
アウトバーン
『アウトバーン』
クラフトワーク
パンクからスタートした彼らがレゲエ、スカ、ロカビリーなど様々な音楽要素を吸収した傑作
ジャケットも格好いい!
(写真を囲むタイポグラフィはプレスリーのデビュー・アルバムを似せたもの)
1966年から1981年までのザ・フーのシングルから選んだベスト・アルバムです
1980年代発売のアルバムながら最も勢いのあった1970年代に・・・

テクノを世界に広げたクラフトワークの傑作アルバムです
ポップさと電子音の融合が大ヒットにつながりました
 
 
こわれもの
『こわれもの』
イエス
 
ジギー・スターダスト

『ジギー・スターダスト』
デヴィッド・ボウイ

明日に架ける橋
『明日に架ける橋』
サイモン&ガーファンクル
このアルバムと次のアルバム『危機』は同時期に作られたといわれ、『危機』とともにプログレ・ロック史を飾るイエスの最高傑作といわれています

ロック・パフォーマーともいえるデヴィッド・ボウイのロック・オペラを思わせる初期の代表作
カラフルなイメージがあります

アルバムとしても素晴らしいのですが、やはり表題曲「明日に架ける橋」は名曲です
サイモン&ガーファンクルのラストを飾るアルバム

 
 
ホテル・カリフォルニア
『ホテル・カリフォルニア』
イーグルス
 
グレイト・ヒッツ
『グレイテスト・ヒッツ』
T・レックス
 
フーズ・ネクスト+7
『フーズ・ネクスト(+7)』
ザ・フー
アメリカを代表するバンド・イーグルスの代表作
表題曲「ホテル・カリフォルニアはもちろん名曲ですが、他にも佳曲がそろっています

カリスマ・シンガーのマーク・ボランに率いられイギリスで絶大な人気を誇ったT・レックスのベスト・アルバムです
名曲「20センチュリー・ボーイ」をはじめヒット・シングルを収録

ザ・フーの最高傑作といわれることの多い本作・・・
圧巻といわれるライヴ感再現・・・
代表曲「無法の世界」など多数収録


  1970年代ロック・ポップス

ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング