MAIN−WAVE
ラグビーW杯で日本が南アフリカに勝った凄さ
ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング

 ニュース サイトマップ グループ

ホーム>>>スタディ>>>スポーツ>>>コラム(スポーツ)INDEX>>>


■コラム■■■■■
■ラグビーW杯で日本が南アフリカに勝った凄さ■

今さらですが、ラグビーワールドカップ(W杯)で日本が南アフリカに歴史的金星を挙げた「凄さ」について検証します。


・W杯という「世界的国際大会」のいわゆる「マジな公式戦」の真剣勝負の舞台で勝った

これは、真剣勝負で本気で戦いにくる相手に死力を尽くして勝った

「モノホン」(本物)の真剣勝負で勝った

「国際親善試合」などとは違うスポーツの国同士の戦争といえる戦いに勝った


・南半球のラグビーの凄さ

ラグビーに詳しい人なら感覚的にわかると思いますが、南半球のラグビーは途方もなくレベルが高く、ラグビーの質が濃密であること

同じラグビーでも南半球のラグビーは質が違うと感じます。

世界最高峰リーグのスーパーラグビーが南半球の3強(ニュージーランド、南アフリカ、オーストラリア)のチームが中心であること

個人的意見ですが、南半球のラグビーに最も肉薄しているのはフランスだと思います。
(「自由奔放」なフランスのいわゆるシャンパンラグビーはある程度の可能性を感じる)

あと南半球の「自由奔放」さをあまり感じませんが、「強さ」や「手堅さ」でイングランドもある程度肉薄していると思います。
(ただし、イングランドは南半球のラグビーとは「質」が違う気がします)
(W杯でイングランドは北半球で唯一優勝している)

北半球で南半球のラグビー(特にニュージーランド=オールブラックス)に肉薄するのは,ブリティッシュ・アンド・アイリッシュ・ライオンズ(かつてはブリティシュ・ライオンズとも・・・)(イングランド・スコットランド・ウェールズ・アイルランドの代表から編成された特別チーム)、マジな北半球選抜などの「特別編成チーム」かフランスだと思います。

さらにいえば、世界最強・ニュージーランド(=オールブラックス)に肉薄するのは、上記のチームとマジな世界選抜です。


・あのスプリングボクスに勝った

ラグビーのニュージーランド代表がオールブラックスと呼ばれるように、南アフリカ代表はスプリングボクスといわれ、人種隔離政策(アパルトヘイト)で、国際舞台から消える前は、世界のどのチーム(現在世界最強のオールブラックスにも・・・)にも勝ち越していました。

国際舞台から消えた南アフリカは、「影の世界最強チーム」ともいわれていました。

南アフリカのかつての「凄さ」からあのスプリングボクス(南アフリカ)に勝ったのは凄いことだと思います。

ラグビーW杯で日本が南アフリカに勝ったことをいろいろな奇跡的な出来事で例えていたようですが、本当に凄いことだと思います。


・南半球のラグビーに勝つことはあまり想像できない

南半球のラグビーは質が高く濃密で、北半球のラグビーとは質が違う・・・日本が南アフリカに勝つことは、失礼ながら想像できませんでした。

南半球でもオーストラリアに勝つことは多少想像できましたが・・・

これが北半球の強豪(イングランド・スコットランド・ウェールズ・アイルランド・フランスなど)でも勝つことは想像はできるのですが・・・

日本は過去にニュージーランド(オールブラックス)に完敗したように、南アフリカにも勝てる気がしませんでした。

日本はまさに歴史的快挙を成し遂げたわけです。


日本が世界に誇るラガーマンに坂田好弘、松尾雄治がいます。

坂田好弘、松尾雄治については、サイト「メインウェーブ 」の「坂田好弘 」「坂田好弘を知るおすすめ作品 」「松尾雄治 」「松尾雄治を知るおすすめ作品 」をご覧ください。


(この記事は、2015年10月13日に書かれたものです)


GMOクラウドのレンタルサーバー
このホームページ運営に利用しているレンタルサーバー(ホスティング)サービス(旧アイル)

お小遣いサイト

お財布.com

お財布.comをおすすめの理由


  ラグビーW杯で日本が南アフリカに勝った凄さ

ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング