MAIN−WAVE
坂田好弘
ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング

 ニュース サイトマップ グループ

ホーム>>>スタディ>>>スポーツ>>>スポーツの超人>>>

■スポーツの超人<国内編>INDEX■■■■■

長嶋茂雄 王貞治 金田正一 張本勲 落合博満
坂田弘好 松尾雄治 沢村栄治 藤本英雄
その他−参照

■坂田好弘■ラグビー選手■世界のサカタ

身長168センチ、体重70キロ

1942年9月26日−

ラグビーの元日本代表で、ポジションはトライを奪う役目の多いウイング・・・

いわゆる「点取り屋」で、身長は168センチと大きくはなかったですが、日本ラグビー史に残る名選手で、ワールドクラスの選手としても知られています。

2012年に東洋人としては、史上初のラグビー殿堂入りをしています。

「世界のサカタ」「空飛ぶウイング・サカタ」として知られ、世界最強レベルのオールブラックスの登竜門の一つである・オールブラックス・大学選抜などにも選ばれ、オールブラックスにもあと一歩のところまで迫りました。

日本が誇る世界レベルの選手ですね。

オールブラックスのお膝元であるニュージーランドで特に評価が高いといわれます。

1968年の日本代表では、オールブラックス・ジュニア(世界最強・オールブラックスの予備軍)相手に4トライを挙げ、オールブラックス・ジュニアに勝つ大金星に大きく貢献・・・

ニュージーランドの「プレーヤー・オブ・ザ・イヤー」にも輝いています。

1970年にはニュージーランド代表南アフリカ遠征メンバー候補にもなり、1973年の日本代表のヨーロッパ遠征でもフランス代表相手に1トライを挙げています。

日本代表キャップ16。

坂田好弘を知るおすすめ作品

■履歴
洛北高から同志社大学に進学・・・

在学中の1963年に日本代表・・・

大学卒業後は、近畿鉄道(近鉄)に入社し、同社ラブビー部に入部・・・

前述のように、1968年には、日本代表でオールブラック・ジュニアに勝つ大金星に4トライで大きく貢献・・・

ニュージーランドの「プレーヤー・オブ・ザ・イヤー」にも輝きます。

1969年には、ニュージーランドに留学し、オールブラックス・大学選抜などに選ばれます。

1970年には、ニュージーランド代表南アフリカ遠征メンバー候補に・・・

帰国していた坂田は、日本代表の1973年のヨーロッパ遠征で、フランス代表相手に1トライ・・・

同年に日本代表引退・・・前述のように日本代表キャップ16・・・

1975年1月15日の日本選手権の早大戦(坂田の所属する近鉄が勝ち日本一に)で現役を引退・・・


その後は、大阪体育大学(大体大)教授となり、同校ラグビー部監督に就任・・・

ウェート・トレーニングを駆使した練習で注目されます。

2007年のワールドカップ(杯)の開会式では、世界を代表する「ラグビー・レジェンド」に一員として、坂田がアジア・日本代表で参加・・・

2012年6月5日、前述のようにアジア初の「ラグビー殿堂」入り・・・

同年12月23日に大体大監督を退任・・・

現在は(財)日本ラグビーフットボール協会理事、関西ラグビー協会会長。
(2015年8月19日現在)

■エピソード
坂田のニュージーランドでの評価が高いため、ニュージーランドには「サカタ」と命名された競走馬がいるほどです。

ニュージーランドでは、坂田の印象がそれだけ強いということでしょう。

坂田好弘を知るおすすめ作品



■ネットビジネス研究

□お小遣いサイト

お財布.com

アフィリエイト

おすすめレンタルサーバーとホームページ作成ソフト 

おすすめASP

ホームページ制作


  松尾雄治

ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング