MAIN−WAVE
塩田剛三
ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング

 ニュース サイトマップ グループ

ホーム>>>スタディ>>>スポーツ>>>格闘技の超人>>>

■格闘技の超人−INDEX■■■■■
   <国内編> 
塩田剛三 植芝盛平 中村日出夫 大山倍達 澤井健一
武田惣角 木村政彦 岡野功 山下泰裕 中村誠
佐川幸義
   <海外編> 
李書文 郭雲深 董海川 王向斉

■塩田剛三■合気道■神技

塩田剛三を知るおすすめ作品

塩田剛三 1915年(大正4年)9月9日−1994年(平成6年)7月17日

塩田剛三は、身長155センチ、体重45キロの小柄な体格ながら、大男を次々と投げ飛ばす様は、「達人」、「神様」と謳われました。
その強さは伝説的で塩田と同時代の血気盛んな格闘家たちが塩田との対決を避けたともいわれています。
多くの伝説、逸話を残しています。

■履歴

塩田剛三は小学校から柔道、剣道を習い、旧制中学時代には講道館柔道三段を取得していました。

1932年(昭和7年)、18歳の時に通っていた学校の校長に誘われて植芝盛平の開いていた合気道の道場を見学します。
この時、塩田は植芝と手合わせすることになりますが、植芝に一瞬のうちに投げ飛ばされ、即日のうちに入門することを決意します。
以後、塩田は植芝の下で内弟子時代も含め8年間の修行をします。

1941年(昭和16年)から軍属として台湾、中国など各地に派遣され、勤務の傍ら合気道の普及に勤めます。

1946年(昭和21年)に帰国し、再び植芝の下で修行に打ち込みます。

1955年(昭和30年)7月に「日本総合古武道大会」で披露した演武で同大会の最優秀賞を受賞します。

1956年(昭和31年)に植芝から独立を許され、政財界の支援で「合気道養神会」を結成し、「養神館合気道場」を新宿区に設立しました。
以後、自身の道場で合気道の普及に尽力します。

1962年(昭和37年)にロバート・ケネディ夫妻が来日した際に養館館合気道場に来館し、ロバート・ケネディのボディーガードと塩田が手合わせをし、ボディーガードを圧倒しています。

1969年(昭和44年)に師である植芝盛平が亡くなります。

1990年(平成2年)に「全日本養神館合気道連盟」、「国際養神会合気道連盟」を設立します。

1994年(平成6年)7月17日、「不世出の天才」ともいわれた塩田剛三は亡くなります。享年78。
塩田の遺した養神館合気道は、現在、国内のみならず世界に普及しています。

▼エピソード
塩田は植芝の門に入ってから反射神経を養うために金魚の翻る動きを8年間も徹底研究、その結果、神がかりともいえる反射神経と素早い身のこなしを身につけました。

その驚異の反射神経に対するエピソードを挙げると・・・

・門下生と街を歩いていた時に横断歩道の信号が赤になると突然横断歩道を走り出し、車に轢かれたと思ったら門下生の横に翻って無事であった

・塩田の死角から飛び出した車に轢かれそうになったと思ったら、車体の上に乗っていた


前述のようにロバート・ケネディ夫妻が養神館合気道場を来館した際、ケネディのボディーガードと手合わせし、ボディーガードを圧倒しています。
後年、その時の様子をケネディは「私のボディーガードは小柄な先生(塩田)に苦もなく取り押さえられていた」との主旨の発言をしています。

塩田の強さ、演武に否定的な意見もありましたが、実際に手合わせした者からは否定的な意見は少なかったといわれます。

塩田には日常の生活の中でも一切の隙がなかったと弟子が証言しています。
死角から飛び出した車を避けたのもうなずけます。

余談ながら漫画「グラップラー刃牙」に登場する合気道の達人・渋川剛気は塩田剛三がモデルとされます。


塩田は弟子に「合気道で一番強い技はなんですか?」と問われ、「それは自分を殺しに来た相手と友達になることさ」と答えたといいます
(個人的には塩田剛三氏のエピソードとしては一番好きなエピソードですね)

塩田は生前、「人が人を殺すための武術が必要な時代は終わった。そういう人間は自分が最後でいい」と弟子に語ったとされます。
護身術としての合気道を塩田は意図していたようです。

▼格闘技から護身術へ
合気道は塩田が意図したように多くは「護身術」として普及していると思います。
より自衛的な武道である合気道ですが、一方で植芝盛平、塩田剛三のように合気道を極めれば「格闘技」としての強さも体現できるのだと思います。
(個人的には植芝盛平氏、塩田剛三氏とも「格闘家」として強かったと思います)

合気道で一番強い技は?の問いに自分を殺しに来た相手と友達になることと答えた塩田剛三・・・
それは合気道の理想が「格闘技」から「護身術」へ向かうべきであることを悟っていたからかもしれません。

塩田剛三を知るおすすめ作品



■ネットビジネス研究

□お小遣いサイト

お財布.com

アフィリエイト

おすすめレンタルサーバーとホームページ作成ソフト 

おすすめASP

ホームページ制作


  塩田剛三

ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング