MAIN−WAVE
サンデーサイレンスの初年度産駒「影の大物」フジキセキ
ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング

 ニュース サイトマップ グループ

ホーム>>>スタディ>>>競馬>>>(世界の競走馬・日本の競走馬>>>>>>)種牡馬−INDEX>>>
種牡馬−日本>>>サンデーサイレンス>>>


■ブログから■■■■■
■サンデーサイレンスの初年度産駒「影の大物」フジキセキ■

日本の生産界に革命的大成功をした大種牡馬・サンデーサイレンス・・・

そのサンデーサイレンスの種牡馬としての凄さ・優秀さを最初にはっきりと見せ付けたのが、サンデーサイレンスの初年度産駒・フジキセキでした。

フジキセキの競走成績は、4戦4勝、大レースは朝日杯3歳ステークス(当時は馬齢旧表記、現在の2歳でレース名は朝日杯フューチュリティステークス)勝ちのみで、重賞も他に弥生賞のみですが、弥生賞までの全4戦は全て圧勝で、皐月賞を前に脚部不安でそのことが原因でクラシックに出れず、弥生賞の圧勝を最後に引退していますが、レース内容からサンデーサイレンスの「影の大物」とも「幻の3冠馬」ともいわれています。

優れたスピードと瞬発力からスピードが勝ちすぎ、3000メートルの長距離の菊花賞を不安視する向きもありますが、2000メートルの皐月賞、2400メートルの日本ダービーまでは勝てたともいわれ、少なくとも皐月賞と日本ダービーの2冠馬となり、不安視する向きもある菊花賞も「能力差」で勝ち3冠馬となれたともいわれました。

フジキセキは父のサンデーサイレンスと同じ毛色の青鹿毛で、サンデーサイレンスの優れたスピードと瞬発力を産駒に伝え、サンデーサイレンスがアメリカ血統の色彩が強いように芝ばかりでなくダートに適性のある産駒を出しています。

フジキセキは、ある意味サンデーサイレンスの特徴を強く受け継ぎ、サンデーサイレンスによく似た種牡馬ともいわれます。

フジキセキの代表産駒は、国内でクラシックの皐月賞馬・イスラボニータ、カネヒキリ(ジャパンカップダート2回、フェブラリーステークス、ジャパンダートダービー、ダービーグランプリ、東京大賞典、川崎記念)、グレイスティアラ(全日本2歳優駿)、キンシャサノキセキ(高松宮記念2回)、ファイングレイン(高松宮記念)、コイウタ(ヴィクトリアマイル)、エイジアンウインズ(ヴィクトリアマイル)、ダノンシャンティ(NHKマイルカップ)、サダムパテック(マイルチャンピオンシップ)、海外ではオーストラリア生産で南アフリカのサンクラシーク(SunClassique)のドバイでのドバイシーマクラシック制覇などがあります。

フジキセキの産駒は、中距離までのスピードがあり、マイラーなどが多いですね。

血統的にはスタミナも内在している配合ですが・・・

今後も注目です。

フジキセキはサンデーサイレンスの初年度産駒で、サンデーサイレンスの大種牡馬への道を最初に示しました。




(この記事はブログ「競馬ミーティング」の記事に一部加筆・修正などをしました)


GMOクラウドのレンタルサーバー
このホームページ運営に利用しているレンタルサーバー(ホスティング)サービス(旧アイル)

お小遣いサイト

お財布.com

お財布.comをおすすめの理由

競馬を知るおすすめ作品


  ブログから

ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング