MAIN−WAVE
スーパークリーク
ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング

 ニュース サイトマップ グループ

ホーム>>>スタディ>>>競馬>>>世界の競走馬・日本の競走馬>>>>>>

■スーパークリーク■菊花賞、天皇賞・秋春連覇

スーパークリーク、牡、鹿毛、日本生産、日本調教
生没年月日・1985年5月27日−2010年8月29日
父ノーアテンション 母ナイスディ
生産者・柏台牧場  馬主・木倉誠
調教師・伊藤修司  主戦騎手・武豊
競走成績・16戦8勝(8−2−2−4) 主な勝利・菊花賞、天皇賞・秋、天皇賞・春
■コメント
スーパークリークは、1998年の菊花賞、1989年の天皇賞・秋、2000年の天皇賞・春を制しました・・・

オグリキャップイナリワンとともに「平成3強」といわれました。
(メジロアルダンを加え、「平成4強」とも・・・)


□スーパークリークを知るおすすめ作品

スーパークリークは、1985年に柏台牧場で生まれました。

父ノーアテンション母ナイスディ(父インターメゾ)という血統です。

父ノーアテンションの牝系は、ドイツの名門Nライン・・・

父ノーアテンションは牝系がドイツの名門Nライン、母ナイスディは地方競馬の1勝馬・・・

母の父インターメゾ、祖母の父サヤジラオは長距離の英セントレジャーの勝ち馬のステイヤー血統・・・

▼現役時代
スーパークリークは、、1997年12月に2歳で、デビューし、デビュー戦2着・・・
2戦目に勝ち上がり、2歳戦は終了・・・

3歳になると、福寿草特別4着、きさらぎ賞で3着、すみれ賞1着の後、秋に神戸新聞杯3着、京都新聞杯6着で、菊花賞では抽選対象・・・、武豊騎手は騎乗可能馬がいたにもかかわらず、スーパークリーク騎乗にこだわり、回避馬が出たため、菊花賞に出走でき、見事優勝・・・
武豊騎手は、19歳8ヶ月のJRA史上最年少優勝・・・
暮れの有馬記念では、オグリキャップの3位入線だったが、進路妨害で失格・・・

4歳になると、秋に京都大賞典をコースレコード勝ちし、天皇賞・秋で優勝・・・
ジャパンカップは、当時の世界レコードのホーリックスの4着・・・
有馬記念がイナリワンのハナ差の2着・・・

5歳になると、大阪杯を楽勝し、天皇賞・春でイナリワンを半馬身抑え優勝・・・
史上初の天皇賞の秋春連覇・・・
宝塚記念を筋肉痛で回避、秋に京都大賞典を連覇したが、その後は脚部不安で年末に現役引退へ・・・

競走成績・・・
2歳 新馬2着、新馬1着
3歳 福寿草特別4着、きさらぎ賞1着、神戸新聞杯3着、京都新聞杯6着、菊花賞1着、有馬記念失格(3位入線)
4歳 京都大賞典1着、天皇賞・秋1着、ジャパンカップ4着、有馬記念2着
5歳 大阪杯1着、天皇賞・春1着、京都大賞典1着

▼現役引退後
現役引退後は種牡馬・・・

主な産駒は、ステイヤー血統で、自身のスピード能力が伝わらず、ハダシノメガミ(スイートピーステークス2着)、ハギノハンター(ステイヤーズステークス2着)を輩出した程度・・・
母の父としても阪急杯を勝ったブルーショットガンを出した程度・・・
2003年以降は、ほとんど種付けをせず、2010年に死亡・・・

特徴・・・
スピード能力のあるステイヤー血統・・・
武豊騎手にとっても、初めてほれ込んだ思い入れのある馬・・・

□スーパークリークを知るおすすめ作品

■3代血統図
Hyperion4×5、Narullah5×5
*ノーアテンション
No Attention

1978 鹿毛
Green Dancer

1972 鹿毛
Nijinsky
Green Valley
No No Nanette

1973 芦毛
Sovereigh Path
Nudea
ナイスディ

1979 鹿毛
*インターメゾ
Intermezzo

1966 黒鹿毛
Hornbeam
Plaza
サチノヒメ

1957 黒鹿毛
Sayajirao
*セントマキシム
Sainte Maxime

GMOクラウドのレンタルサーバー
このホームページ運営に利用しているレンタルサーバー(ホスティング)サービス(旧アイル)

お小遣いサイト
お財布.com
お財布.comをおすすめの理由


  スーパークリーク

ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング