MAIN−WAVE
種牡馬としてのネオユニヴァースとステイゴールド
ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング

 ニュース サイトマップ グループ

ホーム>>>スタディ>>>競馬>>>(世界の競走馬・日本の競走馬>>>>>>)種牡馬−INDEX>>>
種牡馬ー日本>>>サンデーサイレンス>>>


■ブログから■■■■■
■種牡馬としてのネオユヴァースとステイゴールド■

日本で生産界に革命的大成功を種牡馬としてしているサンデーサイレンス・・・

サンデーサイレンスの父系、サンデーサイレンス系は代を経ても強い影響力と成功があるようです。(2013年4月15日現在)

特に競走馬では特別な名馬でなかったネオユニヴァースやステイゴールドが代表例です。

ネオユニヴァースは、皐月賞と日本ダービーを制し、2冠馬となった名馬ですが、サンデーサイレンスの代表産駒とまではいえません。

ステイゴールドは、国内で重賞は勝っていますが、2着が多く、GTは勝てませんでした。

海外では引退レースで香港の香港ヴァーズでGTを勝ち、G1になる前のドバイのドバイシーマクラシック(当時はG2、現在はG1)に勝っています。

競走馬としては一流になれませんでしたが、種牡馬として成功し、特に母の父がメジロマックイーンのニックスではドリームジャーニー(有馬記念、宝塚記念)、オルフェーヴル(3冠=皐月賞・日本ダービー・菊花賞、有馬記念、宝塚記念)の全兄弟やゴールドシップ(皐月賞、菊花賞、有馬記念)などを出しています。

海外では前述のオルフェーヴルのフランスのフォア賞(GU)勝ちや凱旋門賞(GT)2着惜敗、日本で宝塚記念を制しフランスの凱旋門賞で2着惜敗したナカヤマフェスタなどがいます。

ネオユニヴァースには、産駒として日本国内ではアンライバルド(皐月賞)、ロジユニヴァース(日本ダービー)、ヴィクトワールピサ(皐月賞、有馬記念)などがいます。

さらに海外では前述のヴィクトワールピサのドバイのドバイワールドカップ(G1)制覇があります。

ネオユニヴァースやステイゴールドは競走馬としてはサンデーサイレンスの代表産駒ではありませんが、種牡馬としては有力な後継種牡馬となっています。

今後が注目されますね。

ネオユニヴァースやステイゴールドの種牡馬としての成功は、サンデーサイレンス系の可能性の大きさを感じます。


(この記事はブログ「競馬ミーティング」の記事をそのまま転載しました)


GMOクラウドのレンタルサーバー
このホームページ運営に利用しているレンタルサーバー(ホスティング)サービス(旧アイル)

お小遣いサイト

お財布.com

お財布.comをおすすめの理由

競馬を知るおすすめ作品


  ブログから

ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング