MAIN−WAVE
ウェストオーストラリアン
ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング

 ニュース サイトマップ グループ

ホーム>>>スタディ>>>競馬>>>世界の競走馬・日本の競走馬1950年生まれ以前の名馬−INDEX>>>
1950年生まれ以前の名馬>>>>>>

■ウェストオーストラリアン■史上初のイギリス3冠馬

ウェストオーストラリアン(West Australian)、牡、鹿毛、イギリス生産、イギリス調教
生没年月日・1850年4月24日−1870年5月2日
父メルボルン 母モウリナ
生産者・ジョン・ボウ  馬主・ジョン・ボウ
調教師・ジョン・スコット  主戦騎手・
競走成績・11戦10勝(10−1−0−0) 主な勝利・英3冠
■コメント
ウェストオーストラリアンは、1850年にイギリスで生まれ、イギリスで調教されました。

1853年に史上初のイギリス3冠(英2000ギニー・英ダービー・英セントレジャー)馬となっています。

□ウェストオーストラリアンを知るおすすめ作品

ウェストオーストラリアンは、1852年に2歳でクリテリオンステークスでデビューし、デビュー戦こそスピードザプロウの2着に敗れましたが、2戦目のグラスゴーステークスで、スピードザプロウに雪辱し勝利、この年はこの2戦(1勝)だけです。


1853年に英2000ギニーで1/2馬身差で勝利し、英ダービーはクビ差、英セントレジャーは3馬身差で、史上初のイギリス3冠馬となりました。

この年は、以後2戦しますが、単走でした。

この年は5戦5勝。


1854年は、4戦4勝で、当時の古馬の最高峰であったアスコット金杯でも勝っています。

スウィーブステークスを20馬身差で圧勝したのを最後に競走馬を引退し、種牡馬となっています。


接戦も多かったが、勝負強く、デビュー戦の2着以外は全て勝っています。

・競走成績
1852年、クリテリオンS2着、グラスゴーS1着
1853年、英2000ギニー1着、英ダービー1着、英セントレジャー1着、スウィーブS1着(単走)、グランドデュークマイケルS1着(単走)
1854年、マッチレース1着(単走)、アスコットトリエニアルS1着、アスコット金杯1着、スウィーブS1着



種牡馬としては、1歳上にストックウェルのいたこともあり、成功できず、おもな産駒に、サマーサイド(英オークス)、ザウィザード(英2000ギニー)、ジュヌプレミア(仏オークス)などがいます。

他に無敗のバーカルダインを出したソロン、アメリカに輸入され種牡馬として成功したオーストラリアンなどいます。

ソロンのサイヤーライン(父系)からハリーオン、オーストラリアン、オーストラリアンのサイヤーラインからマンノウォーが出ています。

1870年に死亡しています。

□ウェストオーストラリアンを知るおすすめ作品


■3代血統図
Whalebone(whiskey)4×3
Melbourune

1834 黒鹿毛
Humphrey Clinker

1822 鹿毛
Comus
Clinkerina
Cervantes Mare

1825 鹿毛
Cervantes
Golumpus Mare
Mowerina

1834 鹿毛
Touchstone

1831 黒鹿毛
Camel
Banter
Emma

1824 栗毛
Whisker
Gibside Fairy

GMOクラウドのレンタルサーバー
このホームページ運営に利用しているレンタルサーバー(ホスティング)サービス(旧アイル)

お小遣いサイト
お財布.com
お財布.comをおすすめの理由


  ウェストオーストラリアン

ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング