MAIN−WAVE
ブライアンズタイム
ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング

 ニュース サイトマップ グループ

ホーム>>>スタディ>>>競馬>>>世界の競走馬・日本の競走馬>>>>>種牡馬−INDEX>>>
種牡馬−日本>>>

■ブライアンズタイム■

ブライアンズタイム(Brian’s、Time)、牡、黒鹿毛、アメリカ生産、アメリカ調教
生没年月日・1985年5月28日−2013年4月4日
父ロベルト 母ケリーズディー
生産者・ダービーダンファーム 馬主・ジェームズ・W・フィリップ
調教師・ジョン・ヴィーチ  主戦騎手・R・ロメロ、アンヘル・コルデロ・jr
競走成績・21戦5勝(5−2−6−8) 主な勝利・
■コメント
ブライアンズタイムは、1985年に生まれました。

アメリカのダービーダンファーム生産で、馬主が同ファームのジェームズ・W・フィリップ氏・・・

フロリダダービー、ペガサスハンディなどを勝ち、ケンタッキーダービー5着、プリークネスステークス2着、ベルモントステークス3着など・・・

現役引退後に、早田牧場(2002年破産)を中心にシンジケートが結成・・・

当初は本馬のいとこの全米芝チャンピオン・サンシャインフォーエバーを購入する予定が交渉が決裂し、同馬(サンシャインフォーエバー)に近い血統のブライアンズタイムを代替輸入・・・

同じヘイルトゥリーズン系のリアルシャダイブームもあり、人気を集め、3冠馬・ナリタブライアン、オークス馬・チョウカイキャロル、地方競馬で戦後の日本サラブレッド系最多勝43勝のブライアンズロマンなどを出し大成功・・・

ブラアンズタイムは、父ロベルト母ケリーズディー(父グロースターク)という血統です・・・

大種牡馬・サンデーサイレンスの存在もあり、リーディングサイヤーにはなっていませんが、ランキング上位常連種牡馬に・・・

□ブライアンズタイムを知るおすすめ作品

▼現役時代
アメリカで2〜4歳時に21戦5勝・・・
フロリダダービー、ペガサスハンディなどに勝ち、ケンタッキーダービー5、プリークネスステークス2着、ベルモントステークス3着

▽2歳
3戦1勝

▽3歳
12戦4勝
(フロリダダービー、ペガサスハンディ)
(ケンタッキーダービーがウイニングカラーズの5着、プリークネスステークスリズンスタードの2着、ベルモントステークスがリズンスターの3着)

▽4歳
6戦0勝

競走成績・・・
2歳 未勝利5着、未勝利1着、一般競走2着
3歳 一般競走1着、ファウンデンオブユースS4着、フロリダダービー1着、ジムビームS着、ウッドメモリアル招待S5着、ケンタッキーダービー5着、プリークネスS2着、ベルモントS3着、ジムダンディS1着、トラヴァーズS3着、ウッドワードS8着、ペガサスH1着
4歳 ベンアリH3着、ピムリコスペシャルH5着、ナッソーカウンティH3着、サバーバンH6着、ソードダンサーH5着、バーナードバルークH3着

▼現役引退後
現役引退後は種牡馬として日本へ・・・
1996年から11年連続種牡馬ランキング3位以内・・・
2009年に種牡馬の中央競馬における通算勝利数が史上3位(サンデーサイレンス、ノーザンテーストに続く)・・・
さらに、パーソロン、ノーザンテーストと並ぶ史上1位タイの18年連続中央競馬重賞勝利・・・

主な産駒・・・
ナリタブライアン(日3冠(皐月賞・日本ダービー・菊花賞)、有馬記念)
マヤノトップガン(菊花賞、有馬記念、宝塚記念、天皇賞・春)
サニーブライアン(皐月賞、日本ダービー)
チョウカイキャロル(オークス)
シルクジャスティス(有馬記念)
マイネルマックス(朝日杯3歳ステークス)
ファレノプシス(桜花賞、秋華賞、エリザベス女王杯)
トウホウエンペラー(東京大賞典、マイルチャンピオンシップ南部杯)
シルクプリマドンナ(オークス)
ダンツフレーム(宝塚記念)
タイムパラドックス(ジャパンダートダービー、川崎記念、帝王賞、JBCクラシック2回)
ノーリーズン(皐月賞)
タニノギムレット(日本ダービー)
ヴィクトリー(皐月賞)
フリーオーソ(帝王賞2回、川崎記念、かしわ記念、ジャパンダートダービー、全日本2歳優駿)
レインボーダリア(エリザベス女王杯)

母の父として・・・
ティコティコタック(秋華賞)
ブルーコンコルド(JBCスプリント、マイルチャンピオンシップ南部杯3回、東京大賞典、かしわ記念)
エスポワールシチ―(かしわ記念3回、マイルチャンピオンシップ南部杯3回、ジャパンカップダート、フェブラリーステークス、JBCスプリント)
スリーロールス(菊花賞)
ビートブラック(天皇賞・春)
ハタノヴァンクール(ジャパンダートダービー、川崎記念)
ディーマジェスティ(皐月賞)
ヒガシウィルウイン(ジャパンダートダービー)

後継種牡馬では、代表産駒のナリタブライアンこそ早世したが、マヤノトップガンはある程度成功しており、タニノギムレットも牝馬の日本ダービー馬のウオッカを出している・・・

産駒の特徴・・・
中長距離に実績があり、ダートも強い・・・
仕上がりが早く、クラシックで活躍し、大レースに強く、タフさもある・・・

2013年にケガが原因で死亡・・・


□ブライアンズタイムを知るおすすめ作品


■3代血統図
Sir Gallahad(Bull Dog)5×5×5、Nearco5×5、Blue Larkspur5×5
Roberto

1969 鹿毛

Hail to Reason

1958 黒鹿毛
Turn−to
Northirdchance
Bramalea

1959 黒鹿毛
Nashua
Rarelea
Kelly’s Day

1977 鹿毛
Graustark

1963 栗毛
Ribot
Flower Bowl
Golden Trial

1958 黒鹿毛
Hasty Road
Sunny Vale


  ブライアンズタイム

ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング