MAIN−WAVE
フジキセキ
ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング

 ニュース サイトマップ グループ

ホーム>>>スタディ>>>競馬>>>世界の競走馬・日本の競走馬>>>>>>種牡馬−INDX>>>
種牡馬−日本>>>

■フジキセキ■

フジキセキ、牡、青鹿毛、日本生産、日本調教
生没年月日・1992年4月15日−2015年12月28日
父サンデーサイレンス 母ミルレーサー
生産者・社台ファーム  馬主・齊藤四方司
調教師・渡辺栄  主戦騎手・角田晃一
競走成績・4戦4勝(4−0−0−0) 主な勝利・
■コメント
フジキセキは、1992年に生まれました。

サンデーサイレンス母ミルレーサー(父ルファビュリュー)という血統です。

父が大種牡馬、母系が名馬ミルリーフが出ており、母の父が名ステイヤー・ルファビュリューという血統で、皐月賞前に故障し現役引退したが、それまでの圧倒的パフォーマンスと合わせ、「幻の3冠馬」とも・・・

大種牡馬サンデーサイレンスの初年度産駒で、当年はジュニュイン(皐月賞)、タヤスツヨシ(日本ダービー)、ダンスパートナー(オークス)のクラシック馬が出たが、その中でもフジキセキのパフォーマンスは圧倒的でした・・・

2歳時に朝日杯3歳ステークス(当時は馬齢旧表記、現在の2歳)を勝ち、3歳王者(当時)となり、翌年の弥生賞も圧勝し、クラシックの最有力候補となったが、皐月賞を前に故障で現役引退・・・

▼デビューまで
デビュー前から評判馬で、サンデーサイレンスの初年度産駒だが、サンデーサイレンスの評判も上々で注目された・・・

フジキセキを知るおすすめ作品

▼現役時代
▽2歳
1994年8月にデビューし、デビュー戦勝ち、2戦目も勝つ(2着は後の日本ダービー馬・タヤスツヨシ)・・
3戦目に朝日杯3歳ステークスでも着差(クビ差)は小差ながらムチを使わぬ余裕勝ち・・・
この年は3戦3勝・・・

▽3歳
翌年は弥生賞で始動・・・
一旦交わされかけたが、そこから残り100メートルで突き離し、2馬身半差で勝利・・・
二段ロケットと形容され、クラシックの最有力候補となるも、脚部不安(屈腱炎)で現役引退・・・
圧倒的パフォーマンス、負かしてきた相手などから「幻の3冠馬」とも・・・


競走成績・・・・・
2歳 新馬1着、もみじS1着、朝日杯3歳S1着
3歳 弥生賞1着


▼現役引退後
現役引退後、種牡馬となり、初期はサンデーサイレンスの代用種牡馬として期待されるが、成績は期待ほどではなかったが、カネヒキリがダートG1馬として活躍してから、その後も短中距離のG1馬や中長距離のG1・ドバイ・シーマクラシックを勝った南アフリカ調教馬のサンクラシークを出す・・・
主な産駒・・・
イスラボニータ(皐月賞)
カネヒキリ(ジャパンカップダート2回、フェブラリーステークス、ジャパンダートダービー、ダービーグランプリ、東京大賞典、川崎記念)
グレイステイアラ(全日本2歳優駿)
サンクラシーク(南アフリカ調教馬、ドバイシー・マクラシックなど)
キンシャサノキセキ(高松宮記念2回)
ファイングレイン(高松宮記念)
コイウタ(ヴィクトリアマイル)
エイジアンウインズ(ヴィクトリアマイル)
ダノンシャンティ(NHKマイルカップ)
サダムパテック(マイルチャンピオンシップ)
ストレイトガール(ヴィくトリアマイル2回、スプリンターズステークス)

2015年12月28日に死亡・・・、


フジキセキの関連記事
サンデーサイレンスの初年度産駒「影の大物」フジキセキ

フジキセキを知るおすすめ作品

■3代血統図
 
サンデーサイレンス
Sunday Silence
アメリカ
1986 青鹿毛
Halo
アメリカ
1969 黒鹿毛
Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well
アメリカ
1975 鹿毛
Understanding
Mountain Flower
*ミルレーサー
Millracer

1983 鹿毛
Le Fabuleux

1961 栗毛
Wild Risk
Anguar
Marston’s Mill

1980 鹿毛
In Reality
Millicent


  フジキセキ

ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング