MAIN−WAVE
十両と幕下の「差」、関取とは十両以上
ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング

 ニュース サイトマップ グループ

ホーム>>>スタディ>>>大相撲>>>コラム(大相撲)INDEX>>>

■コラム■■■■■
■十両と幕下の「差」、関取とは十両以上■

大相撲では、十両と幕下では厳格の差があるといわれます。

十両以上の力士が関取と呼ばれ、名前を呼ぶとき「〜関」と呼ばれるのを許され、月給も十両以上から支給されます。

もちろん普段の生活の必要な経費は親方より出ますが、給料をもらえるのは十両以上からです。

さらに大銀杏も基本的に(一部例外もあり)十両からで、幕下以下はちょんまげです。

羽織なども十両以上で着用を許されるなど、十両と幕下には大きな差があります。

力士が一番うれしい出世は新十両のときともいわれ、出世の早かった横綱・貴乃花(2代目)や北の湖も新十両が一番うれしかったといわれています。


(この記事は、ブログ「大相撲の部屋」の記事をそのまま転載したものです)



GMOクラウドのレンタルサーバー
このホームページ運営に利用しているレンタルサーバー(ホスティング)サービス(旧アイル)

お小遣いサイト

お財布.com

お財布.comをおすすめの理由

大相撲を知るおすすめ作品


  十両と幕下の「差」、関取とは十両以上

ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング