MAIN−WAVE
貴乃花光司
ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング

 ニュース サイトマップ グループ

ホーム>>>スタディ>>>大相撲>>>史上最強力士RANKING>>>

■史上最強力士RANKING−INDEX■■■■■

雷電為右エ門 谷風梶之助 太刀山峰右エ門 栃木山守也 梅ヶ谷藤太郎(初代)
双葉山定次 大鵬幸喜 常陸山谷右エ門 稲妻雷五郎 陣幕久五郎
小野川喜三郎 北の湖敏満 千代の富士貢 大錦卯一郎 玉錦三右エ門
貴乃花光司 羽黒山政司 鬼面山谷五郎 栃錦清隆 若乃花幹士(初代)
 

■貴乃花光司■花田家の遺伝子を継ぐ平成の大横綱 (RANKING 16位)

貴乃花 光司(たかのはな こうじ)
本名・花田光司〜出身地・東京都〜身長185cm、体重154kg
生没年月日・1972年8月12日−
最高位・横綱
■コメント
貴乃花光司は、優勝22回などをした平成の大横綱です。
貴乃花光司は、大関・貴ノ花の次男で、伯父に若乃花幹士(初代)がおり、兄に若乃花勝がいます。
一代年寄です。
数々の年少記録を作り、大鵬幸喜(当時1位)の優勝回数に迫ると思われましたが、晩年に失速しました。
兄・若乃花勝とともに「若貴ブーム」を作りました。
(現在はかなりスリムになりましたが、体重は現役当時のものです)

□貴乃花光司を知るおすすめ作品

▼履歴

▽入門まで
貴乃花光司は、1972年8月12日に東京都で生まれます。

前述の通り、大関・貴ノ花利彰の次男で、伯父に横綱・若乃花幹士(初代)、兄に横綱・若乃花勝(現在はタレントの花田虎上)のいる花田家の遺伝子を継ぐ平成の大横綱です。

幼少の頃より、わんぱく相撲などで活躍(わんぱく横綱)します。

中学卒業と同時に角界(父の藤島部屋、後に二子山部屋へ)に入門します。

四股名は貴花田。

1988年3月に初土俵。(同期は曙、兄の若乃花ら)

数々の年少記録を作り、大きな注目を集めます。

1989年11月に17歳2ヶ月で新十両。

1990年5月に17歳8ヶ月で新入幕。

この場所は4勝11敗で、十両へ陥落しますが、同年11月に幕内復帰。

その後、勢いは減速したものの、1991年3月に11連勝を含む12勝3敗で敢闘賞、技能賞。

1991年5月の初日に大横綱・千代の富士貢と当たり、千代の富士相手に最年少金星。

兄・若乃花(当時は若花田、ちなみに貴乃花も当時は貴花田)とともに「若貴ブーム」となる。

1992年1月に東前頭2枚目で19歳5ヶ月での初優勝。この場所は三賞を独占します。

同年9月に2回目の優勝。

この年は60勝30敗で最年少で年間最多勝。

1993年1月に11勝4敗を挙げ、20歳5ヶ月で大関昇進。(同時にライバル・曙は横綱昇進)

大関昇進で四股名を貴ノ花に改名。

その後、大関で横綱昇進のチャンスを何度か逃す。

1994年9月、11月を連続全勝優勝で横綱昇進。
北の湖敏満の横綱最年少昇進記録の更新はなりませんでした)

1994年11月、四股名を貴乃花に改名。

1995年が3連覇を含む4回の優勝、1996年が4連覇で4回の優勝、1997年が2連覇を含む3回の優勝で、優勝回数を積み重ねますが、1998年は2連覇するものの、2回の優勝にとどまります。

この頃、整体師の「洗脳」騒動。

1999年、2000年と優勝がなく大きく失速。

2001年に2回の優勝にとどまります。

2001年の2回目の優勝が、貴乃花最後の22回目の優勝で、ケガを負いながら優勝決定戦で武蔵丸を下し、当時の小泉首相の「痛みに耐えてよく頑張った!感動した!おめでとう!」の表彰式でのよく知られるフレーズを生みます。

しかし感動的な激闘の代償は大きく、以後は7場所連続休場でさらに大きく失速します。

2003年1月中に現役引退。
(年少記録を次々と更新し、大鵬の優勝回数(当時史上1位)の更新も期待されましたが、晩年に大きく失速しました)


▽現役引退後
現役引退で、相撲界への功績から協会から一代年寄・貴乃花を許される。

2004年6月1日に父の二子山部屋を継承し、貴乃花部屋に。

現役時代からかなりスリムになり、話題に。

2005年5月30日に、父(大関・貴ノ花、元二子山親方)死去。

兄・花田勝(現在は花田虎上)との確執(父の遺産問題など)がとり立たされるが、真相は不明。

現在は、第2次北の湖政権下で、理事として活躍しています。

▽親方として、相撲界での位置

相続した二子山の株は雅山に譲渡。

協会では、2008年に審判副部長に抜擢。

2010年1月には、理事改選に立候補。
(各一門の調整で無投票が通例だが、単独で立候補、この事件は「貴の乱」ともいわれた)

上記の事情から二所ノ関一門からの立候補を断念するも、単独立候補で理事選に当選。
(貴乃花を支持する派閥は「貴乃花派」「貴乃花グループ」などと呼ばれるようになり、一門が一つ増える形に)

野球賭博問題が起こる。

武蔵川理事長の辞任に伴う理事長選挙では北の湖を支持(落選、放駒(元大関・魁傑)が後任に)

審判部長に就任。

2011年に八百長問題。

2012年の理事改選に当選。

2014年に理事改選に当選。

総合企画部長など部長職5つの厚遇で、将来の理事長候補を見据えています。

▽平成の大横綱について
優勝22回で「平成の大横綱」といわれています。

貴乃花の体形の変化の肥満児が一度痩せ、体を作り直し、大きくなった(太った)のは「相撲の理想形」とされます。

四股は美しかったが、せり上がりなどを酷評された。

ライバル・曙とは対戦成績が21勝21敗と五分。

優勝回数が貴乃花22回に対し、曙11回で、この点では貴乃花が圧倒しました。

しかし、千秋楽まで優勝がもつれた時や優勝決定戦での敗戦の多さが「ここ一番での勝負弱さ」を指摘されることもあります。

上記の通り、「相撲の理想」で体を大きくしたといわれるものの、ドーピング疑惑もとり立たされ、太りすぎによる前へのバッタリ倒れる脆さも指摘されました。
(現役の前半は足腰のよさをうたわれましたが、現役の後半に特に指摘されるように・・・)

花田家は代々足腰のよさが自慢でしたが・・・。

曙などに比べ、豪快さに欠けるといわれ、本人も豪快な決まり手の「呼び戻し」を試みるなど、指摘を克服しようとはしていたようですが、晩年は急速の失速、ケガなどもあり、本人の目指す「相撲の理想」の完成には至りませんでした。

「若貴ブーム」などマスコミとも常に大きく関わり、本人も試行錯誤、悪戦苦闘していたようです。


▼ライバル
貴乃花のライバルといえば同期入門」で横綱でもしのぎをけずった曙太郎を挙げます。
(対戦成績は貴乃花から見たものです)

曙太郎
アメリカ・ハワイ出身、身長203cm、体重230kg
幕内通算成績 63場所 566勝198敗181休 勝率7割4分1厘 優勝11回 殊勲賞4回、敢闘賞2回 金星4個
最高位・横綱

外国出身力士初の横綱です。
貴乃花の前を行き、先に横綱となった時は、「曙時代」も感じさせました。
(実際には、曙と貴乃花の時代に、優勝回数などから貴乃花時代といえるかも・・・)
総合格闘家転向はあまり成功しませんでしたが、プロレス転向で活躍しています。

対戦成績21勝21敗
●●○○○●●●●●○●●●○○○●●●○○●○●○○○○○○●○○●●○●○●○●
(上の対戦成績は本場所の本割でのもの、他に優勝決定戦が貴乃花の1勝2敗)

□貴乃花光司を知るおすすめ作品

■幕内通算成績(平成4年1月の備考の三は殊勲賞・敢闘賞・技能賞の三賞独占)
場所 番付 成績 星取表 優勝 備考
平成2(1990)年5月  東前14 4勝11敗 ○●●○●●●○●○●●●●●    
           
平成2(1990)年11月 西前12 8勝7敗 ●○○●○○○●○○●●○●●  
平成3(1991)年1月 西前9 6勝9敗 ●○●○●●●●●●○○○○●    
平成3(1991)年3月 東前12 12勝3敗 ○○○○○○○○○○○●●●○   敢技
平成3(1991)年5月 西前1 9勝6敗 ○○●●●○●○●●○○○○○  
平成3(1991)年7月 西小結 11勝4敗 ○●●○●○○○○○●○○○○   殊技
平成3(1991)年9月 西関脇 7勝8敗 ○○○●●●●●○○○●●●□     
平成3(1991)年11月 東前1 7勝8敗 ●○●●●○○○●●○○●○●    
平成4(1992)年1月 東前2 14勝1敗 ○○●○○○○○○○○○○○○
平成4(1992)年3月 西関脇 5勝10敗 ●●●○○○●●○○●●●●●    
平成4(1992)年5月 西前2 9勝6敗 ●○●○●○○○○○●○●●○    
平成4(1992)年7月 東張小 8勝7敗 ○●●●○●●○○●○○●○○    
平成4(1992)年9月 西小結 14勝1敗 ○○□○●○○○○○○○○○○
平成4(1992)年11月 西関脇 10勝5敗 ●●●●○○○○○○○○○●○    
平成5(1993)年1月 東関脇 11勝4敗 ○○○○○○○●○●●○○○●    
平成5(1993)年3月 東大関 11勝4敗 ○○○○●○●○○○○○○●●    
平成5(1993)年5月 東大関 14勝1敗 ○●○○○○○○○○○○○○○  
平成5(1993)年7月 東大関 13勝2敗 ○○●○○○○○○○●○○○○  
平成5(1993)年9月 東大関 12勝3敗 ○●○○○○○●○○○○○●○    
平成5(1993)年11月 東大関 7勝8敗 ○●○●●●○○○○●○●●●    
平成6(1994)年1月 西大関 14勝1敗 ○○○○○○○○○○○○○●○  
平成6(1994)年3月 東大関 11勝4敗 ○○○○●○○●○○○○●○●    
平成6(1994)年5月 西大関 14勝1敗 ○○○○○○●○○○○○○○○  
平成6(1994)年7月 東大関 11勝4敗 ○●○○○●○●○○○○○○●    
平成6(1994)年9月 西大関 15勝 ○○○○○○○○○○○○○○○  
平成6(1994)年11月 東大関 15勝 ○○○○○○○○○○○○○○○  
平成7(1995)年1月 東横綱 13勝2敗 ●○○○○○○●○○○○○○○
平成7(1995)年3月 東横綱 13勝2敗 ○○○○○○●○○○○○○○●    
平成7(1995)年5月 西横綱 14勝1敗 ○○○○○○○○○○○○●○○  
平成7(1995)年7月 東横綱 13勝2敗 ○○○○○○○●○○○○○○● 10  
平成7(1995)年9月 東横綱 15勝 ○○○○○○○○○○○○○○○ 11  
平成7(1995)年11月 東横綱 12勝3敗 ●○○○○○●○○○○○○○○  
平成8(1996)年1月 東横綱 14勝1敗 ○○○○○○○○○○○○○●○  
平成8(1996)年3月 東横綱 14勝1敗 ○○●○○○○○○○○○○○○ 12  
平成8(1996)年5月 東横綱 14勝1敗 ○○○○○●○○○○○○○○○ 13  
平成8(1996)年7月 東横綱 13勝2敗 ○○●○○○○○○○○○●○○ 14  
平成8(1996)年9月 東横綱 15勝 ○○○○○○○○○○○○○○○ 15  
平成8(1996)年11月 東横綱 15休 休休休休休休休休休休休休休休休    
平成9(1997)年1月 西横綱 13勝2敗 ○○○●●○○○○○○○○○○    
平成9(1997)年3月 東横綱 12勝3敗 ○○○●○○●○○○○○○●○ 16
平成9(1997)年5月 東横綱 13勝2敗 ○●○○○○○○○○○○○○●  
平成9(1997)年7月 東横綱 13勝2敗 ○○●○○○○○○○○○○●○ 17  
平成9(1997)年9月 東横綱 13勝2敗 ○○●○○○○○○○○○○●○ 18
平成9(1997)年11月 東横綱 14勝1敗 ○○○○●○○○○○○○○○○  
平成10(1998)年1月 東横綱 8勝5敗2休 ●○○○○○○○○●●●■休休    
平成10(1998)年3月 西横綱 1勝4敗10休 ●●○●■休休休休休休休休休休    
平成10(1998)年5月 西横綱 10勝5敗 ○○○○○●○○●●○○●○●    
平成10(1998)年7月 西横綱 14勝1敗 ○○○○○○○○○○○○○○● 19  
平成10(1998)年9月 東横綱 13勝2敗 ○○●○○○○○○○○○○●○ 20  
平成10(1998)年11月 東横綱 12勝3敗 ○○●●○○○○○○○○●○○    
平成11(1999)年1月 東横綱 8勝7敗 ●●○●○○○○○●○●○●●    
平成11(1999)年3月 西横綱 8勝3敗4休 ○○○●○○○○●○■休休休休    
平成11(1999)年5月 東横綱 15休 休休休休休休休休休休休休休休休    
平成11(1999)年7月 西横2 9勝6敗 ○●○○○○○○●○○●●●●    
平成11(1999)年9月 東横2 3敗12休 ●●■休休休休休休休休休休休休    
平成11(1999)年11月 西横2 11勝4敗 ●○○○○●○○●○○○○○●    
平成12(2000)年1月 西横綱 12勝3敗 ○○●○○○○●●○○○○○○    
平成12(2000)年3月 東横綱 11勝4敗 ●○○○○○○●○○○○●○●    
平成12(2000)年5月 西横綱 13勝2敗 ○○○○○●○○○○○○●○○    
平成12(2000)年7月 西横綱 5勝3敗7休 ○○●○○○●■休休休休休休    
平成12(2000)年9月 東横2 15休 休休休休休休休休休休休休休休休    
平成12(2000)年11月 東横2 11勝4敗 ○○○○○○○○●●○○●●○    
平成13(2001)年1月 東横綱 14勝1敗 ○○○○○○○○○○○○○○● 21
平成13(2001)年3月 東横綱 12勝3敗 ○○●○○○○○○○○○●○●    
平成13(2001)年5月 東横綱 13勝2敗 ○○○○○○○□○○○○○●● 22
平成13(2001)年7月 東横綱 15休 休休休休休休休休休休休休休休休    
平成13(2001)年9月 西横綱 15休 休休休休休休休休休休休休休休休    
平成13(2001)年11月 西横綱 15休 休休休休休休休休休休休休休休休    
平成14(2002)年1月 西横綱 15休  休休休休休休休休休休休休休休休    
平成14(2002)年3月 西横綱  15休 休休休休休休休休休休休休休休休    
平成14(2002)年5月 西横綱 15休 休休休休休休休休休休休休休休休    
平成14(2002)年7月 西横綱 15休 休休休休休休休休休休休休休休休    
平成14(2002)年9月 西横綱 12勝3敗 ○●○○●○○○○○○○○○●    
平成14(2002)年11月 西横綱 15休 休休休休休休休休休休休休休休休    
平成15(2003)年1月 西横綱 4勝4敗1休 ○○■休○○●●■    
 幕内通算成績 75場所 701勝217敗201休 勝率7割6分4厘 優勝22回
 殊勲賞4回、敢闘賞2回、技能賞3回、金星1個
 

■ネットビジネス研究

□お小遣いサイト

お財布.com

アフィリエイト

おすすめレンタルサーバーとホームページ作成ソフト 

おすすめASP

ホームページ制作


  貴乃花光司

ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング