MAIN−WAVE
カブラヤオー
ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング

 ニュース サイトマップ グループ

ホーム>>>スタディ>>>競馬>>>世界の競走馬・日本の競走馬>>>

■カブラヤオー■狂気の逃げ馬

カブラヤオー、牡、鹿毛、日本生産、日本調教
生没年月日・1972年6月13日−2003年8月9日
父ファラモンド 母カブラヤ
生産者・十勝育成牧場  馬主・加藤よし子
調教師・茂木為三郎→森未之助  主戦騎手・菅原泰夫
競走成績・13戦11勝(11−1−0−1) 主な勝利・皐月賞、日本ダービー
■コメント
カブラヤオーは、1972年に生まれました。

カブラヤオーは、無謀とも思われる驚異のハイペースで逃げるため、狂気の逃げ馬といわれました。

全妹に、エリザベス女王杯馬・ミスカブラヤがいます。

現役引退後は、種牡馬として、エリザベス女王杯馬・ミヤマポピー、日本ダービー2着のグランパズドリームなどを出しています。

父ファラモンド母カブラヤ(父ダラノーア)という血統です。

皐月賞と日本ダービーを勝った2冠馬馬ですが、秋は脚部不安で菊花賞に出られず、三冠ならず・・・
復帰戦を勝ち、復帰2戦目でゲートで頭をぶつけ脳震盪を起こしたアクシデントで、生涯唯一の着外(11着)を喫し、短距離ステークス1着、オープン1着で現役引退・・・
種牡馬としては、まずまずの活躍・・・


□カブラヤオーを知るおすすめ作品

▼現役時代
▽2歳
カブラヤオーは、デビュー戦こそ2着でしたが、2戦目か2連勝し、2歳戦終了・・・


▽3歳
3歳になっても連勝を続け、3歳2戦目には、東京4歳ステークスで、牝馬のテスコガビーと「夢の対越」・・・
両馬の主戦騎手・菅原泰夫騎手は、テスコガビーに騎乗しましたが、カブラヤオーがクビ差逃げ切り勝ち・・・
その後は、弥生賞を勝ち、皐月賞を勝ち、NHK杯を勝ち、日本ダービーも勝って2冠馬・・・
日本ダービーを驚異のハイペースで逃げ切った内容で、日本競馬史上最強馬の評価も・・・
しかし、秋は、脚部不安で菊花賞に出られず、3冠ならず・・・

▽4歳
復帰戦を勝ち、復帰2戦目で11着の後、短距離ステークス1着、オープン1着で、脚部不安で現役引退・・・

▼現役引退後
現役引退後、種牡馬となり、エリザベス女王杯馬・ミヤマポピー、日本ダービー2着のグランパズドリームなどを出しています・・・
2003年に死亡。

▼競走成績
2歳 新馬2着、新馬1着、ひいらぎ賞1着
3歳 ジュニアC1着、東京4歳S1着、弥生賞1着、皐月賞1着、NHK杯1着、日本ダービー1着
4歳 オープン1着、オープン11着、短距離S1着、オープン1着


狂気といわれた逃げは、カブラヤオーの臆病な性格を隠すため、陣営が考えた戦法で、豊富なスタミナや優れた心肺能力を生かした・・・

□カブラヤオーを知るおすすめ作品

■3代血統図
Fairway4×4
*ファラモンド
Pharamond

1957 黒鹿毛
Sicanbre

1948 黒鹿毛
Prince Bio
Sif
Rain

1946 鹿毛
Fair Trial
Monsoon
カブラヤ

1965 黒鹿毛
*ダラノーア
Darannour

1960 鹿毛
Sunny Boy
Danira
ミスナンバイチバン

1959 黒鹿毛

*ハロウェイ
Harroway

*スタイルバッチ


  カブラヤオー

ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング