MAIN−WAVE
リボー
ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング
 ニュース サイトマップ グループ
ホーム>>>スタディ>>>競馬(>>>世界の競走馬・日本の競走馬>>>)>>>史上最強馬RANKING>>>

■史上最強馬RANKING−INDEX■■■■■

シーバード ダンシングブレーヴ ラムタラ アレッジド リボー
ミルリーフ ブリガディアジェラード セクレタリアト ニジンスキー シアトルスルー
アファームド スペクタキュラービッド シャーガー ヴェイグリーノーブル パントレセレブル
シンダー  ダラカニ サガス シガー アリダー
 

■リボー■生涯無敗と凱旋門賞連覇 RANKING4位タイ
リボー(Ribot)、牡、鹿毛、イギリス生産、イタリア調教
生没年月日・1952年2月27日−1972年4月28日
父テネラニ 母ロマネラ
生産者・フェデリコ・テシオ  馬主・マリオ・インサーチ・デッラ・ロケッタ侯爵
調教師・ウーゴ・ペンコ  主戦騎手・エンリコ・カミーチ
競走成績・16戦16勝(16−0−0−0) 主な勝利・凱旋門賞2回
■コメント

16戦16勝無敗の戦績、2着以下につけた着差が合計で100馬身差近く世界最高峰のレースともいわれる凱旋門賞を連覇したリボーは、史上最強馬というひともいます。

□リボーを知るおすすめ作品

リボーは、1952年にイギリスのナショナル・スタッドで生まれました。

生産がイタリアの天才馬産家のフェデリコ・テシオ氏でした。

生産がイタリアのテシオ氏で、リボーの両親ともに、テシオ氏の生産馬だったのに、イタリアではなく、イギリスで生まれたのは、母のロマネラを種牡馬・テネラニと交配し、イギリスに滞在していた時にリボーが生まれたからです。

父母や関係者などがイタリアで、イタリア色が強いリボーが、生産国がイギリスとなっているのは、このためです。

テシオ氏は独自の生産ビジョンを持ち、種牡馬を手元に置かない主義のだったため、このようなケースは、他のテシオ氏の生産馬にも見られます。

生後にすぐにイタリアへ渡ったリボー・・・

リボーは、子馬の頃は、小柄で、小さく、「イル・ピッコロ(ちびっこ)」とよばれ、育ちました。

テシオ氏は、この子馬に自身の生産馬に画家の名を好んでつけたように、フランスの画家・テオデゥル・オーギュスタン・リボーにちなみリボーと名づけました。

リボーが生まれた頃は、後述のようにテシオ氏も最晩年で、画家の名を馬名につけつくし、この画家(リボー)の名はかなり無名です。

テシオ氏は、リボーに尋常ではない素質や気配・雰囲気を感じたものの、馬格がなく、小柄で見栄えのしないリボーのクラシック登録をしませんでいた。

リボーの感じた素質などは、テシオ氏の天才馬産家としてのカンや相馬眼からでしょう。

やがてテシオ氏のリボーに感じた素質などが
現実のものとなります。

しかし、テシオ氏はリボーの活躍をみることなく、リボーがデビューする2ヶ月前に死去しました。

リボーは、テシオ氏が最晩年に生産した馬で、
テシオ氏の最後にして競走馬としての最高傑作になります。

後のサラブレッドに与えた影響力では、競走馬としても超一流であったテシオ氏の生産馬・ネアルコ(14戦14勝の無敗)のほうが上ですが、競走馬としての戦績・実績は、16戦16勝の無敗で、凱旋門賞を連覇しているリボーのほうが上です。

テシオ氏は、ネアルコとリボーを生産したわけで、その天才馬産家がうかがえます。


リボーは、1957年7月に2歳でデビューします。

デビュー戦のトラムスキオ賞、2戦目のクリテルリウムナチオナーレをそれぞれ1馬身差、2馬身差で快勝したリボー・・・。

続く3戦目の伊グランクリテリウムでは、抑える競馬をし、自分の思うままに走れないリボーは、その影響から生涯最小着差のアタマ差の勝利をします。

以後、抑える競馬はせず、自分の思うままにリボーを走らせることになります。


年が明け、1955年に3歳となったリボーは、クラシック登録がないので、裏街道を進み、テシオ氏の悲願であった凱旋門賞制覇を目指します。

イタリアで、3歳の初戦、4戦目となるピサ賞を6馬身差で勝つと、エマヌエーレフィリベルト賞を10馬身差で勝ち、ブレンボ賞、べサナ賞では、後のイタリアのセントレジャーの勝ち馬・デレインにそれぞれ1馬身差、10馬身差をつけて勝利しました。

フランスに渡り、目標の凱旋門賞では、ボウプリンスに3馬身差をつける余裕の勝利を挙げています。

さらにイタリアに戻り、イタリアの大レース・ジョッキークラブ大賞で前年の勝ち馬・ノルマンに15馬身差の圧勝をしています。


1956年、4歳になったリボーは、イタリアで、グィリオヴェノ賞、ヴィチュオーネ賞、ガルバニャーテ賞とそれぞれ4馬身差、12馬身差、8馬身差で勝ち、イタリア最大の大レース・ミラノ大賞も8馬身差で圧勝しています。

競馬のレベルがヨーロッパでも低いといわれたイタリア・・・

そのイタリアの馬であるため、フランスで凱旋門賞を勝っているにもかかわれず、イギリスでリボーの評価が低いと知ると、イギリスへ渡り、キングジョージY&クイーンエリザベスステークスに出走しました。

このレースを当時の
最大着差である5馬身差で勝つと、イギリスでのリボーの低い評価を覆しました。

この後、イタリアに戻り、ピアッツァレ賞を8馬身差で勝ちます。

そしてフランスへ渡り、2回目の凱旋門賞に臨み、豪華なメンバー(各国のクラシック馬やアメリカからの遠征馬)を相手に、後のシーバードと並ぶこのレースの
最大着差の6馬身差で圧勝しています。

しかも馬なりのままで・・・。

着差の6馬身差も、もっと差があったといわれています。

16戦16勝の無敗、しかもほとんど圧倒的強さで勝ち続けました。



種牡馬となったリボーは、最初はイギリスへ渡り、次の年から2年間をイタリアで過ごし、リース契約でアメリカへ渡りました。

当初の契約では、5年間アメリカにリース契約の予定でしたが、アメリカへ渡っての環境の変化や加齢などのためか、若い頃の人懐っこさは影を潜め、気難しくなり、非常に扱いづらく、そのため保険の引き受け手が見つからず、5年間のリース契約は延長となり、アメリカにとどまることになりました。

リボーは種牡馬としても優秀で、同じテシオ氏の生産の大種牡馬・ネアルコを上回るとも・・・。

1963年、1967年、1968年のイギリスのリーディングサイヤー。

産駒は、主にヨーロッパで走りましたが、後継種牡馬、サイヤーラインなどは主にアメリカで成功をしています。

後への影響力では前述のようにネアルコが上回っており、ネアルコ系が大きく繁栄しています。

リボー系は、ネアルコ系などの繁栄で少数派となりましたが、ネアルコ系に対抗しています。

凱旋門賞連覇は、その後、リボーの血を引き継ぐアレッジドが達成しています。
(アレッジドは、その父系を遡ると、ホイストザフラッグ〜トムロルフ〜リボー)

リボーの血統は、父方母方とも3代に渡ってテシオ氏の生産馬です。

テシオ氏は、自分の生産した種牡馬をあまり用いず、繁殖牝馬も牝系を育てる一方で、毎年購入し、めまぐるしく変えており、テシオ氏の生産馬ではリボーは、珍しいタイプです。

ある意味、リボーは、
テシオ氏の集大成、血統の結晶といえる生産馬といえると思います。

テシオ氏の血統への考え、生産ビジョンは、難しく深遠だったといえます。

□リボーを知るおすすめ作品

■競走成績
開催日 開催国 競馬場
レース名

距離


頭数
人気
着順
斤量
着差

タイム
騎手

1着(2着)


1954.7.4 伊 サンシーロ
トラムスキオ賞

T1000








E.カミーチ


(Donata Veneziana)


1954.9.26 伊 サンシーロ
クリテリウムナチオナーレ

T1200








E.カミーチ


(Zenodoto)


1954.10.24 伊 サンシーロ
伊グランクリテリウム

T1500






アタマ

E.カミーチ
1.38.4

(Gail)


1955.3.6 伊 ピサ
ピサ賞

T1500








E.カミーチ


(Donata Veneziana)


1955.4.17 伊 サンシーロ
エマヌエーレフィリベルト賞

T2000






10

E.カミーチ


(Gail)


1955.7.16 伊 サンシーロ
ブレンボ賞

T2200








E.カミーチ


(Derain)


1955.9.7 伊 サンシーロ
べサナ賞


T2400






10

E.カミーチ


(Derain)

1955.10.9 仏 ロンシャン
凱旋門賞

T2400


23


55.5


E.カミーチ
2.35.68

(Beau Prince)


1955.10.23 伊 サンシーロ
ジョキーズクラブ大賞

T2400






15

E.カミーチ


(Norman)


1956.5.12 伊 サンシーロ
グィリオヴェニノ賞

T2000








E.カミーチ


(Fuscaldo)


1956.5.16 伊 サンシーロ
ヴィチュオーネ賞

T2400






12

E.カミーチ


(Magistis)


1956.6.10 伊 サンシーロ
ガルバニャーテ賞

T2000








E.カミーチ


(Grand Rapids)


1956.6.17 伊 サンシーロ
ミラノ大賞

T3000








E.カミーチ
3.16.2

(Tissot)


1956.7.21 英 アスコット
キングジョージY&クイーンエリザベスS

T12F





130p


E.カミーチ
2.40.24

(High Veldt)


1956.9.9 伊 サンシーロ
ピアツァレ賞

T1800








E.カミーチ
1.51.6

(Magabit)


1956.10.7仏 ロンシャン
凱旋門賞


T2400


20


60


E.カミーチ
2.34.76

(Talgo)


 
■5代血統図
Sunstar5×5
Tenerani

1944 鹿毛
Bellini

1937 鹿毛
Cavaliere d’Arpino Havresac Rabelaia
Hors Concours
Chuette Chuette Cicero
Chute
Bella Minna Bachelor’s Double Tredennis
Lady Bawn
Santa Minna Santoi
Minnow
Tofanella

1931 栗毛
Apelle Sardanapale Prestige
Genmma
Angelina St.Frusquin
Seraphine
Try Try Again Cylgad Cyllene Cyllene
Gadfly
Perseverance Persimmon
Reminiscence
Romanella

1943 栗毛
El Greco

1934 栗毛
Pharos Phalaris Polymelus
Bromus
Scapa Flow Chaucer
Anchora
Gay Gamp Gay Crusader Bayardo
Gay Laura
Parasol Sunstar
Cyclamen
Barbara Burrini

1937 黒鹿毛
Papyrus Tracery Tracery Rock Sand
Topiary
Miss Matty Marcovil
Simonath
Bucolic Buchan Sunstar
Hamoaze
Volcanic Corcyra
La Soufriere


■ネットビジネス研究

□お小遣いサイト

お財布.com

アフィリエイト

おすすめレンタルサーバーとホームページ作成ソフト 

おすすめASP

ホームページ制作



  リボー

ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング