MAIN−WAVE
吉田善哉
ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング

 ニュース サイトマップ グループ

ホーム>>>スタディ>>>競馬>>>ホースマンgreat−INDEX>>>ホースマンgreat−日本>>>
生産者・G(馬主)−日本>>>

■吉田善哉(OB)■

吉田善哉 北海道出身
生没年月日・1921年5月3日−1993年8月13日
■コメント
■吉田善哉(日本最大の生産グループ・社台グループの礎を築く)(OB)
(タイトルなどの最後のOB(生産者兼馬主)はオーナーブリーダー、Bはブリーダー(生産者)、O(馬主)はオーナーの略)

現在、サラブレッド生産牧場の最大手・社台グループの勢いは凄まじいものがあります。
(2012年5月現在)

その社台グループの「礎」を築いた人物こそ吉田善哉です。

吉田善哉を知るおすすめ作品

吉田善哉氏は、1921年、北海道生まれ。

1955年、父・善助氏の経営する牧場から独立し、千葉に社台ファームを創設しました。

その後、北海道早来に拠点を移し、さらに北海道の千歳、白老などにも牧場を作りました。

社台ファームは、1963年に初のリーディングブリーダーとなると、1972年まで10年連続リーディングブリーダーに。

さらに1974年から現在まで社台ファームを母体とした社台グループがリーディングブリーダーに君臨し続けています。
(2012年5月現在、吉田善哉氏の社台ファームも含め)

社台ファームに繁養されたノーザンダンサー産駒のノーザンテーストは、1982年から11年連続リーディングサイヤー(中央競馬)となり、1986年には、ダイナガリバーによって、吉田善哉氏にとって悲願であった日本ダービー優勝をもたらします。

1990年にアメリカの年度代表馬・サンデーサイレンスを種牡馬として購入しました。

1993年、逝去。

ノーザンテーストの導入以前は、「数」で日本のサラブレッド生産をリードしましたが、ノーザンテーストの導入以後は「質」でも大きく向上、サンデーサイレンスの革命的成功により、社台グループは生産界に君臨しています。

吉田善哉氏の死後、社台ファーム、ノーザンファーム、追分ファームの3社、3兄弟共同経営の白老ファームなどに再編され、社台グループとして、三人の子息に引き継がれています。

「社台王国」の隆盛、サンデーサイレンスの革命的成功の基盤は、吉田善哉氏が築き上げました。


吉田善哉氏は、アメリカ志向の生産方式をとりいれ、ヨーロッパ志向の生産方式をとりいれたシンボリ牧場の和田共弘氏とともに世界に目を向けた生産者でした。

特に私には、ボールドルーラーの血統にこだわった生産者のイメージがあります。

現在の社台グループで吉田善哉氏の生産方式を最も強く引き継いだのは、次男・勝己氏のノーザンファームだと思います。

吉田善哉を知るおすすめ作品



■ネットビジネス研究

□お小遣いサイト

お財布.com

アフィリエイト

おすすめレンタルサーバーとホームページ作成ソフト 

おすすめASP

ホームページ制作


  吉田善哉

ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング