MAIN−WAVE
ビーチ・ボーイズ
ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング

 ニュース サイトマップ グループ

ホーム>>>スタディ>>>音楽>>>スーパースター(ロック・ポップス)(ビートルズ以外)>>>

■ビーチ・ボーイズ■■■■■サーフィンサウンズと音の開拓者
チャック・ベリー(前) エルヴィス・プレスリー(前) リトル・リチャード(前) バディ・ホリー(前) ローリング・ストーンズ
ビーチ・ボーイズ ジェフ・ベック エリック・クラプトン ジミ・ヘンドリックス レッド・ツェッペリン
ピンク・フロイド        
         
(注)名前の後の(前)は、ビートルズ以前から活躍したアーティスト (活躍時期はイメージ)

ビーチ・ボーイズ 1961年に結成・・・・・(注)ビートルズ前に結成されていますが、イメージでは同時期に始まる活躍期間

ビーチ・ボーイズを知るおすすめ作品

ザ・ビーチ・ボーイズは、一般的には「ビーチ・ボーイズ」と呼ばれています。

アメリカ西海岸の若者文化、サーフィン、青い海などをテーマにしたいわゆるサーフィンサウンズ、軽快なカラッとした楽曲で知られています。

しかし同時に、斬新・複雑な『ペット・サウンズ』のような作品も作り上げており、音楽関係者にもファンが多いといわれています。

いわゆるサーフィンサウンズが中心で、ハーモニーは斬新でしたが、初期の楽曲群はハーモニー以外の点で、大きく当時の流行とかけ離れたものではありません。

しかし、ソングライターでもあるブライアン・ウィルソン自身がアルバムのプロデュースを行うようになって以降(3作目のアルバム以降は、ブライアン・ウィルソンがプロデュース)、一見シンプルに感じられる楽曲でも、音は凝っており、アレンジなどにさまざまな工夫が施されています。

音の凝り性のブライアン・ウィルソンのこだわりが傑作『ペット・サウンズ』を生みましたが、それまでのビーチ・ボーイズのサーフィン・サウンズとはかけ離れており、一部に(音楽面、サウンドの斬新さなど)アルバムは評価されますが、セールス的には芳しくありませんでした。

その後、音に懲りすぎたのか、『ペット・サウンズ』を超える傑作となるはずの『スマイル』制作中に(『スマイル』は制作中止に)ブライアン・ウィルソンは精神に異常をきたし、復活するまで多くの時間を要します。
(『スマイル』の断片には、『スマイリー・スマイリー』収録の傑作「グッド・ヴァイブレーション」も生みましたが、ブライアン・ウィルソンが制作を放棄したためか(『スマイリー・スマイリー』は、他のメンバーが断片や残骸からやっつけで完成させる)、アルバム全体の完成度は高くありません)

メンバーから解散はなく、何度かの分裂状態となりながら、バンド活動は続いています。

■ペット・サウンズ
『ペット・サウンズ』は、ビートルズの『ラバー・ソウル』に触発され、ブライアン・ウィルソンが制作したアルバムで、ビーチ・ボーイズ名義になってはいるものの、実質的にブライアン・ウィルソンのソロ・アルバムともいえます。
音の凝り性のブライアン・ウィルソンの凝り性の頂点に近いアルバムともいえます。

ビーチ・ボーイズを知るおすすめ作品

関連記事:1960年代ロック・ポップス


  ビーチ・ボーイズ

ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング