MAIN−WAVE
藤本英雄
ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング

 ニュース サイトマップ グループ

ホーム>>>スタディ>>>スポーツ>>>スポーツの超人>>>

■スポーツの超人<国内編>INDEX■■■■■

長嶋茂雄 王貞治 金田正一 張本勲 落合博満
坂田弘好 松尾雄治 沢村栄治 藤本英雄
その他−参照

■藤本英雄■野球選手■プロ野球初の完全試合、スライダーの元祖

右投右打

身長170センチ、体重65キロ

1915年5月18日−1997年4月26日

旧名「李八龍」、中学時代は「藤本八龍」、1943年より「中上」姓・・・

プロ野球初の完全試合達成者・・・

日本におけるスライダーの元祖といわれる・・・

1943年のシーズン防御率0.73はプロ野球記録・・・

1943年のシーズン19完封は野口二郎と並びプロ野球記録・・・

1943年の6試合連続完封はプロ野球記録・・・

1950年の投手としてシーズン7本塁打はプロ野球記録・・・

通算防御率1.90は投球回数2000回以上のプロ野球記録

通算勝率6割9分7厘(200勝87敗)は投球回数2000回以上のプロ野球記録・・・

200勝以上し、唯一100敗しなかった投手・・・

□藤本英雄を知るおすすめ作品

■履歴
▼プロ入り前

藤本英雄は、1918年5月18日に山口県で生まれます。

高校時代は2回の甲子園出場・・・

明大では、通算34勝し、1942年に巨人に入団・・・

▼現役時代

1942年にデビューし、初年度は10勝0敗・・・

2年目の1943年は、防御率0.73、19完封、6試合連続完封などのプロ野球記録・・・

34勝11敗、防御率0.73、勝率7割5分6厘、253奪三振、19完封で、投手5冠(同一年に、防御率・勝率・勝利数・奪三振数・完封数でリーグトップ)・・・

同年5月22日にノーヒットノーラン・・・

1944年、監督兼任・・・

1946年シーズン途中まで監督兼任・・・

1947年、中日に移籍・・・

1948年、巨人に復帰・・・

1950年6月28日、プロ野球初の完全試合達成・・・

日本のプロ野球で初めてスライダーを投げたのが藤本英雄だといわれています。

1955年、200勝を達成し、現役引退・・・

▼現役引退後
現役引退後は、巨人のコーチ・2軍監督や大和証券の監督など・・

1976年、野球殿堂入り(日本)・・・

1997年4月26日、死去。享年78歳。

■スライダーの元祖
前述のように、プロ野球における「スライダーの元祖」といわれています。
藤本英雄が「スライダーの元祖」といわれるように、杉下茂(参照)は「フォークの元祖」といわれます。

(参照)
杉下茂

右投右打
身長182センチ、体重71キロ
1925年9月17日−
投手
東京都出身・・・
1949年に中日に入団・・・
日本初のフォークボールの使い手で、「フォークの元祖」「フォークの神様」ともいわれます・・・
1950年から1955年まで6年連続20勝以上(27勝・28勝・32勝・23勝・32勝・26勝)・・・
1954年、32勝12敗・防御率1.39・勝率7割2分7厘・273奪三振・7完封で、投手5冠(同一年に防御率・勝率・勝利数・奪三振数・完封数でリーグトップ)で、リーグ優勝・日本一に大きく貢献・・・
この時の日本シリーズでは、切り札でめったに使わないフォークを多投したといわれます・・・
1955年5月10日、ノーヒットノーラン・・・
1958年に1度引退し、1959年・1960年は中日監督・・・
1961年に選手に戻り、大毎で1年だけプレーし、現役引退・・・
金田正一が「自分が見た最高の投手は杉下茂さん」との主旨の発言がある・・・
フォークボールは、多投せず、切り札で要所で使い、引退するまで失投でないフォークを打たれたのは投手の晩年の1958年に長嶋茂雄に1回だけだといわれます(杉下本人が証言、明大時代のフォークを使い始めに当たりそこねが、セーフ(記録はヒット)になったことがある)・・・
杉下のフォークは「魔球」といえます・・・
1985年、野球殿堂入り(日本)・・・

投手成績
通算11年、215勝123敗、2841回2/3、1761奪三振、防御率2.23

監督成績
通算4年、2位1回

最優秀防御率1回(1954年)
最高勝率1回(1954年)
最多勝2回(1951年・1954年)
奪三振王2回(1950年・1954年)

投手5冠王1回(1954年)

MVP1回(1954年)
沢村賞3回(1951年・1952年・1954年)
ベストナイン1回(1954年)
日本シリーズ最高殊勲選手(MVP)1回(1954年)

野球殿堂入り(日本)(1985年)
ノーヒットノーラン1回(1955年5月10日)

■プロ野球初の完全試合
前述のように、プロ野球初の完全試合達成者です。

■年度別投手成績
球団 登板 勝利 敗戦 S  勝率  被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点 防御率
1942 巨人 14 10 1.000 110 64 36・1 53 15 10 0.81
1943 巨人 56 34 11 .756 432.2 212 168・1 253 57 35 0.73
1944 巨人 21 10 .556 169.2 132 62・1 113 54 30 1.59
                             
1946 巨人 31 21 .778 217.1 171 81・0 83 63 51 2.11
1947 中日 35 17 15 .531 275 220 52・5 77 67 56 1.83
1948 巨人 22 .615 131 104 24・3 51 33 25 1.72
1949 巨人 39 24 .774 288 238 55・6 137 72 62 1.94
1950 巨人 49 26 14 .650 360.1 307 70・2 156 117 98 2.44
1951 巨人 31 15 .682 206.1 189 41・3 88 89 72 3,13
1952 巨人 34 16 .727 213.2 169 38・2 89 68 56 2.36
1953 巨人 29 17 .739 198.2 166 30・1 73 60 46 2.08
1954 巨人 .333 19.2 21 4・1 15 13 5.85
1955 巨人 1.000 0・0 0.00
  367 200 87 .697 2628.1 1994 661・25 1177 710 554 1.90
(注)通算13年
(注)Sはセーブ、Hはホールド
(注)回の少数点の1は1/3、2は2/3
(注)与四死球は、四球数・死球数
(注)年度の黒太字はリーグ1位
(注)年度・通算の赤太字はプロ野球記録


■投手

□主なタイトル
最優秀防御率3回(1943年・1946年・1949年)
最高勝率3回(1943年・1946年・1949年)
最多勝1回(1943年)
奪三振王2回(1943年・1944年)※セ・リーグでは1991年より表彰)

□投手5冠王(1943年)

□主な表彰(現役時代)

沢村賞1回(1949年)
ベストナイン1回(1949年)

□主な記録
シーズン防御率0.73(1943年)
シーズン19完封
6試合連続完封(1943年)
通算防御率1.90(投球回数2000回以上)
通算勝率6割9分7厘(投球回数2000回以上)
投手としてシーズン7本塁打(1950年)

6試合連続完封(1943年8月2日−9月12日)

62イニング無失点(1943年8月1日−9月15日)

□特記事項
野球殿堂入り(日本)(1976年)
ノーヒットノーラン2回(完全試合1回含む)
(完全試合 1950年6月28日)
(ノーヒットノーラン 1943年5月22日)

(注)赤太字はプロ野球記録

■監督としての成績
通算2年で、1944年・1946年(シーズン途中) 2位2回

□藤本英雄を知るおすすめ作品

関連記事:いろいろなスポーツの主要記録(野球の項目を参照)



■ネットビジネス研究

□お小遣いサイト

お財布.com

アフィリエイト

おすすめレンタルサーバーとホームページ作成ソフト 

おすすめASP

ホームページ制作


  藤本英雄

ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング