MAIN−WAVE
長嶋茂雄選手の天覧試合のサヨナラホームラン
ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング

 ニュース サイトマップ グループ

ホーム>>>スタディ>>>スポーツ>>>コラム(スポーツ)INDEX>>>


■コラム■■■■■
■長嶋茂雄選手の天覧試合のサヨナラホームラン■

6月25日といえば、プロ野球で1959(昭和34)年に巨人の長嶋茂雄選手が対阪神戦の天覧試合でサヨナラホームランを打った日ですね。

この試合で長嶋選手は、このホームラン以外にももう1本ホームランを打っており、この試合は2本のホームランを打ったことになり、大試合に強い長嶋選手らしいですね。

さらにこの試合は、王貞治選手もホームランを打っており、ONアベックホームランの最初でした。

長嶋選手の天覧試合のサヨナラホームランで、職業野球といわれたプロ野球は、名称が一般的にプロ野球となり、大学野球が野球人気の中心だったのが、プロ野球が国民的スポーツになった記念すべき日といわれています。
(前年の1958年の長嶋選手入団からプロ野球人気が盛り上がったともいわれています)

まさに長嶋選手にとって会心の一打だったわけです。


(朝の情報番組「グッド!モーニング」の林修先生(東進ハイスクール人気講師)のコーナーでも長嶋選手が天覧試合でサヨナラホームランを打ったことがとりあげられており、長嶋選手の「かいしん」の一打とは漢字で書くと「会心」の一打であることが説明されていました)

(この記事は、ブログ「メインウェーブ日記」からそのまま転載しました)
(この記事は、2015年6月25日に書かれました)


関連記事:会心の一打について


GMOクラウドのレンタルサーバー
このホームページ運営に利用しているレンタルサーバー(ホスティング)サービス(旧アイル)

お小遣いサイト

お財布.com

お財布.comをおすすめの理由


  長嶋茂雄選手の天覧試合のサヨナラホームラン

ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング