MAIN−WAVE
リアルシャダイ
ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング

 ニュース サイトマップ グループ

ホーム>>>スタディ>>>競馬>>>世界の競走馬・日本の競走馬>>>>>種牡馬−INDEX>>>
種牡馬−日本>>>

■リアルシャダイ■

リアルシャダイ、牡、黒鹿毛、アメリカ生産、フランス調教
生没年月日・1979年5月27日−2004年5月26日
父ロベルト 母デザートヴィクスン
生産者・ノースリッジファーム 馬主・吉田善哉
調教師・ジョン・カンニントン・ジュニア(仏)→チャーリー・ウィッテガム(米)  主戦騎手・モーリス・フィリッペロン
競走成績・8戦2勝(2−2−2−2) 主な勝利・
■コメント
リアルシャダイは、1979年に生まれました。

アメリカのノースリッジファーム生産で、馬主が社台ファーム(現在の社台グループの母体)の総帥の吉田善哉氏・・・

ドーヴィル大賞などを勝ち、仏ダービー2着、サンクルー大賞3着、凱旋門賞5着など・・・

リアルシャダイは、父ロベルト母デザートヴィクスン(父インリアリティ)という血統です・・・

父ロベルトは英ダービー馬、母デザートヴィクスンもベルデイムステークスなどを勝った名牝・・・
祖母デザートトライアルも12勝を挙げており、近親も活躍馬が多い・・・
(父ロベルトが種牡馬として当時はまだ「未実績」「売り出し前」で、母系が優秀ながら、リアルシャダイ自身に脚部不安があり、この良血にしては格安の36万ドル(一般的には高額だが)(当時の為替で約8000万円))・・・

ヘイルトゥリーズン関連の種牡馬はノーザンダンサーとの和合性が高いが、ノーザンダンサーの仔である社台ファームの主力種牡馬のノーザンテーストの和合性なども考えリアルシャダイを導入・・・
(リアルシャダイの成功で、ヘイルトゥリーズン系種牡馬の人気が高まり、ブライアンズタイムやサンデーサイレンスの成功へつながる・・・、ヘイルトゥリーズン系種牡馬の成功の先駆け・・・)

□リアルシャダイを知るおすすめ作品

▼現役時代
フランスで2、3歳時に8戦2勝・・・
ドーヴィル大賞などを勝ち、仏ダービー2着、サンクルー大賞3着、凱旋門賞5着
のちにアメリカに移籍したが、未出走で現役引退・・・

▽2歳
2戦0勝

▽3歳
6戦2勝
(仏ダービーがアサートの2着、サンクルー大賞がグリントオブゴールドの3着、凱旋門賞がアキーダの5着・オールアロングなどに先着)

競走成績・・・
2歳 アズダトゥ賞6着、マドリガル賞2着
3歳 マロニエ賞1着、オカール賞3着、仏ダービー2着、サンクルー大賞3着、ドーヴィル大賞1着、凱旋門賞5着

▼現役引退後
現役引退後は種牡馬として日本へ・・・
1993年に日本リーディングサイヤー・・・
主な産駒・・・
ライスシャワー(菊花賞、天皇賞・春2回)
シャダイカグラ(桜花賞)
イブキマイカグラ(阪神3歳ステークス)

母の父として・・・
イングランディーレ(天皇賞・春)
アドマイヤジュピタ(天皇賞・春)
トウカイポイント(マイルチャンピオンシップ)
サンライズバッカス(フェブラリーステークス)

特徴としては長距離戦の強さがあり、特に母の父では、貯距離戦の「定番血統」に・・・

初期はシャダイカグラなどの早熟のマイラーも出たが、後にライスシャワーなどの長距離馬を数多く輩出・・・

2004年に死亡・・・


□リアルシャダイを知るおすすめ作品


■3代血統図
Blue Larkspur5×5、Sir Gallahad(Bull Dog)5×5、Nearco5×5、War Relic5×5
Roberto

1969 鹿毛

Hail to Reason

1958 黒鹿毛
Turn−to
Northirdchance
Bramalea

1959 黒鹿毛
Nashua
Rarelea
Desert VIxen

1970 黒鹿毛
In Reality

1964 鹿毛
Intentionnally
My Dear Girl
Desert Trial

1963 栗毛
Moslem Chief
Scotch Verdict


  リアルシャダイ

ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング