MAIN−WAVE
ブリガディアジェラード
ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング
 ニュース サイトマップ グループ
ホーム>>>スタディ>>>競馬(>>>世界の競走馬・日本の競走馬>>>)>>>史上最強馬RANKING>>>

■史上最強馬RANKING−INDEX■■■■■

シーバード ダンシングブレーヴ ラムタラ アレッジド リボー
ミルリーフ ブリガディアジェラード セクレタリアト ニジンスキー シアトルスルー
アファームド スペクタキュラービッド シャーガー ヴェイグリーノーブル パントレセレブル
シンダー  ダラカニ サガス シガー アリダー
 

■ブリガディアジェラード■英2000ギニーでミルリーフを下した名馬 RANKING4位タイ
ブリガディアジェラード(Brigadier Gerard)、牡、鹿毛、イギリス生産、イギリス調教
生没年月日・1968年3月5日−1989年10月29日
父クイーンズハザー 母ラペヴァ
生産者・ジョン・ヒスロップ  馬主・ヒスロップ夫人
調教師・ディック・ハーン  主戦騎手・ジョー・マーサー
競走成績・18戦17勝(17−1−0−0) 主な勝利・英2000ギニー、キングジョージY&クイーンエリザベスS
■コメント

「欧州3大レース」制覇の偉業を達成した馬は、これまでに2頭います。

「シャドーロールの怪物」といわれたミルリーフと「神の馬」といわれたラムタラです。

このうち、「欧州3大レース」を制覇したミルリーフが敗れた、しかもイギリスのクラシック3冠の1冠目の英2000ギニーで敗れたのがブリガディアジェラードです。

ミルリーフの戦績は14戦12勝ですが、このうちの1敗を英2000ギニーでブリガディアジェラードに喫しています。
(後の1敗は、2歳時にロバールパパン賞でマイスワローに喫しています)

もう1頭のラムタラは無敗馬(4戦4勝)で敗戦はありません。

10ハロン以下(約2000メートル)の距離では、無敵の強さを誇り、たとえ「欧州3大レース」を制覇したミルリーフさえ相手にしない強さを誇ったブリガディアジェラード・・・。

□ブリガディアジェラードを知るおすすめ作品

ブリガディアジェラードは、1968年にイギリスで生まれ、イギリスのディック・ハーン調教師の厩舎に入りました。


1970年に2歳となったブリガディアジェラードは、6月にパークシャーステークスでデビューします。

デビュー戦は、2着に5馬身差の圧勝でした。

続いてシャンペンステークス、ワシントンシンガーステークス、ミドルパークステークスと勝ち続け、それぞれ4馬身差、2馬身差、3馬身差と余裕の勝利をしたブリガディアジェラードでした。

この年は4戦全勝でしたが、この年の2歳馬では、マイスワロー、ミルリーフが評判となっており、前述のように無敗で、2歳馬の大レース・ミドルパークステークスを勝っているにもかかわらず、評価は高くなく、2歳馬のフリーハンデは、7戦全勝のマイスワロー(133ポンド)、6戦5勝と1敗しているミルリーフ(132ポンド)に次ぐ3位の131ポンドという評価でした。

年が明け、3歳となったブリガディアジェラードは、イギリスのクラシック1冠目の2000ギニーに前哨戦を叩かず、いきなり挑みます。

レースは、ブリガディアジェラードが2着のミルリーフに3馬身差の快勝をします。


ちなみに、マイスワローは3着でした。

イギリスのクラシック3冠の1冠目である2000ギニーを制したブリガディアジェラードでしたが、イギリスのクラシック3冠の2冠目の英ダービーには、距離の適性も考えて向かいませんでした。
(英ダービーには、ミルリーフが出走し優勝、マイスワローはブリガディアジェラードと同じく不出走)

ブリガディアジェラードは、8ハロン(約1600メートル)のセントジェームズパレスステークス、サセックスステークス、グッドウッドマイルステークス、クイーンエリザベスUステークスと6月から9月に連勝しました。

着差は、それぞれアタマ差、大差、10馬身差、8馬身差です。

追撃に苦戦したセントジェームズパレスステークス以外は圧勝ですね。

10月に10ハロン(約2000メートル)の英チャンピオンステークスで短頭差で勝ちます。

この年は6戦6勝でした。

3歳フリーハンデは、ミルリーフ(133ポンド)に次ぐ2位の129ポンドとなり、ヨーロッパ年度代表馬もミルリーフでした。


ブリガディアジェラードとミルリーフの直接対決(英2000ギニー)では、ブリガディアジェラードが勝っていますが、ミルリーフが「欧州3大レース」を3つとも制覇したことが大きく評価されたようですね。


年が明け、4歳となったブリガディアジェラードは、8ハロン(約1600メートル)のロッキングステークス、10ハロン(約2000メートル)のウエストバリーステークスを2馬身1/2差、1/2差で連勝します。

続いて、10ハロン(約2000メートル)のプリンスオブウェールズステークスをコースレコードで5馬身差の圧勝をします。

次の
エクリプスステークスは、ミルリーフが出走を予定し、ブリガディアジェラードとの「世紀の対決」と注目されましたが、ミルリーフが馬インフルエンザの影響でこのレースを回避し、「世紀の対決」は実現しませんでした。

レースは、ブリガディアジェラードが1馬身差で勝っています。

さらに、
適性距離の守備範囲を超える12ハロン(約2400メートル)のキングジョージY&クイーンエリザベスステークスでしたが、このレースも1馬身1/2差で勝利しています。

ブリガディアジェラードは、デビュー以来の15まで連勝を伸ばしました。

しかし続くベンソン&ヘッジス金杯にリボーらが持つ欧州記録のデビュー以来の16連勝に挑んだが、1歳年下の英ダービー馬・ロベルトに3馬身差で敗れ、デビュー以来の連勝は15でストップしました。

距離としてはベンソン&ヘッジス金杯は、約2100メートルのレースです。

勝ったロベルトは、ブライアンズタイム、リアルシャダイ、クリスエス(シンボリクスエスの父)、シルヴァーホーク(グラスワンダーの父)などの父です。

ブリガディアジェラードが敗れた後、ミルリーフは骨折で競走馬を引退しています。

連勝が15でストップしたブリガディアジェラードでしたが、続く8ハロン(約1600メートル)のクイーンエリザベスUステークス、10ハロン(約2000メートル)の英チャンピオンステークスを6馬身差、1馬身1/2差で連勝し、戦績を18戦17勝とし、競走馬を引退しました。

この年のブリガディアジェラードは、8戦7勝で、
イギリスの年度代表馬となりました。


種牡馬となったブリガディアジェラードは、ライトカヴァルリー(英セントレジャー)などがいるぐらいで成功しませんでした。

種牡馬対決では、明らかにミルリーフに劣りました。


1986年には受胎率の低下で種牡馬を引退、1989年に死亡しています。


同世代のミルリーフがアメリカで生まれ、前年の英3冠馬・ニジンスキーがカナダで生まれたのに対し、ブリガディアジェラードは、生粋のイギリス生まれで、イギリスの国民的アイドルでした。

そのため連勝を止めたロベルトは、悪役となってしまいました。



ブリガディアジェラード・・・「欧州3大レース」の覇者であるミルリーフを英2000ギニーで下しました

総合的にはミルリーフが上だと思いますが、
「現実」として直接対決の英2000ギニーは、8ハロン(約1600メートル)で、ブリガディアジェラードのほうが得意とする距離ですが・・・ミルリーフを下しました

ブリガディアジェラードは、タイムフォーム誌のレィテングで、シーバードの145ポンドに次ぐリボーと並ぶ欧州2位の143ポンドとなっています。
ミルリーフのタイムフォーム誌のレィテングは141ポンドで、
ブリガディアジェラードは、ミルリーフを上回っています

□ブリガディアジェラードを知るおすすめ作品


■競走成績
開催日 開催国 競馬場
レース名

距離


頭数
人気
着順
斤量
着差

騎手
タイム

1着(2着)


1970.6.24 英 ニューベリー
パークシャーS

T5F








J.マーサー


(Maisy Dotes)


1970.7.2 英 ソールスベリー
シャンペンS

T6F


10




J.マーサー


(Gaston Again)


1970.8.15 英 ニューベリー
ワシントンシンガーS

T6F








J.マーサー


(Comedy Star)


1970.10.1 英 ニューマーケット
ミドルパークS

T6F








J.マーサー
1.15.11

(Mummy’s Pet)


1971.5.1 英 ニューマーケット
英2000ギニー

T8F
GT




126p


J.マーサー
1.39.20

Mill Reef


1971.6.15 英 アスコット
St.ジェームスパレスS

T8F
GU





アタマ

J.マーサー


(Sparkler)


1971.7.28 英 グッドウッド
サセックスS

T8F
GT





大差

J.マーサー


(Farway Son)
1971.8.28 英 グッドウッド
グッドウッドマイルS

T8F
GU





10

J.マーサー


(God Rod)


1971.9.25 英 アスコット
クイーンエリザベスUS

T8F
GU







J.マーサー


(Dictus)


1971.10.16 英 ニューマーケット
英チャンピオンS

T10F
GT

10



短頭

J.マーサー
2.17.09

(Rarity)


1972.5.20 英 ニューベリー
ロッキンジS

T8F
GU





2・1/2

J.マーサー


(Grey Mirage)


1972.5.29 英 サンダウン
ウエストバリーS

T10F
GV





1/2

J.マーサー


(Ballyhot)


1972.6.20 英 アスコット
プリンスオブウェールズS

T10F
GU







J.マーサー
2.06.32R

(Steel Pulse)


1972.7.7 英 サンダウン
エクリプスS

T10F
GT







J.マーサー
2.20.20

(Gold Rod)


1972.7.22 英 アスコット
キングジョージY&クイーンエリザベスS

T12F
GT



131p
1・1/2

J.マーサー
2.32.91

(Parnell)


1972.8.15 英 ヨーク
ベンソン&ヘッジス金杯

T10F110Y
GT







J.マーサー


(Roberto)


1972.9.23 英 アスコット
クイーンエリザベスUS

T8F
GU







J.マーサー


(Sparkler)


1972.10.14 英 ニューマーケット
英チャンピオンS

T10F
GT





1・1/2

J.マーサー
2.08.45

(Riverman)



■5代血統図
Fair trial4×4、Fairway5×5×5
(注1)Queen of the Meadows (注2)Queen Of The Blues
Queen‘s Hussar

1960 鹿毛
March Past

1950 黒鹿毛
Petition Fair Trial Fairway
Lady Juror
Art Paper Artist’s Proof
Quire
Marcelette Willam of Valence Vatou
Queen Iseult
Permavon Stratford
Curl Paper
Jojo

1950 芦毛
Vilmorin Gold Bridge Golden Boss
Flying Diadem
QotM(注1) Fairway
QotB(注2)
Fairy Jane Fair Trial Fairway
Lady Juror
Light Tackle SalmoTrout
True Joy
La Paiva

1956 栗毛
Prince Chevalier

1943 鹿毛
Prince Rose Rose Prince Prince Palatine
Eglantine
Indolence Gay Crusader
Barrier
Chevalerie Abbot’s Speed Abbot’s Trace
Mary Gaunt
Kassala Cygad
Fairzade
Brazen Molly

1940 鹿毛
Horus Papyrus Tracery
Miss Matty
Lady Peregrine White Eagle
Lisma
Molly Adare Phalaris Polymelus
Bromus
Molly Desmond Desmond
Pretty Polly


■ネットビジネス研究

□お小遣いサイト

お財布.com

アフィリエイト

おすすめレンタルサーバーとホームページ作成ソフト 

おすすめASP

ホームページ制作



  ブリガディアジェラード

ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング