MAIN−WAVE
テイエムオペラオー
ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング

 ニュース サイトマップ グループ

ホーム>>>スタディ>>>競馬(>>>世界の競走馬・日本の競走馬>>>)>>>史上最強馬RANKING−日本>>>

■史上最強馬RANKING−日本−INDEX■■■■■

シンボリルドルフ ディープインパクト エルコンドルパサー サイレンススズカ シンザン
マルゼンスキー スペシャルウィーク グラスワンダー サクラローレル ナリタブライアン
テイエムオペラオー メジロマックイーン トウカイテイオー ビワハヤヒデ マヤノトップガン
タマモクロス オグリキャップ トウショウボーイ テンポイント スピードシンボリ
ミスターシービー

■テイエムオペラオー■完全無欠の王者 RANKING9位タイ

テイエムオペラオー(TM Opera O)、牡、栗毛、日本生産、日本調教
生没年月日・1996年3月13日−
父オペラハウス 母ワンスウェド
生産者・杵臼牧場  馬主・竹園 正繼
調教師・岩元市三  主戦騎手・和田竜二
競走成績・26戦14勝(14−6−3−3)皐月賞、ジャパンカップ、天皇賞・春(2回)、天皇賞・秋、有馬記念
■コメント
テイエムオペラオーは、1996年に生まれ、父オペラハウス母ワンスウエド(父ブラッシングルーム)という血統です。

父オペラハウスは、ノーダンダンサー系の大種牡馬・サドラーズウェルズ産駒、母ワンウェドは、アメリカからの輸入繁殖牝馬で、姉にCBC賞2着のチャンネルフォーがいます。また近親には、ブリーダーズカップ・マイルを制したコジーンなどがいます。

テイエムオペラオーを知るおすすめ作品

テイエムオペラオーは、1998年、2歳8月に京都競馬場でデビューし、デビュー戦2着、その後骨折により休養に入り、翌年1999年1月に復帰し、4着、初勝利は3戦目でした。

その後、条件特別を勝つと、さらに毎日杯で重賞初制覇をしました。

しかしテイエムオペラオーは、クラシックの第一次登録をしていなかったため、クラシック第1弾のクラシックである皐月賞には追加登録料を支払って出走しました。

そして皐月賞を直線一気の競馬で優勝しました。

テイエムオペラオーは
追加登録料を支払っての初のクラシック制覇となりました。


その後、日本ダービーに出走し、アドマイヤベガの3着、休養後に秋に古馬も出走する京都大賞典3着、菊花賞ではナリタトップロードの3着、ステイヤーズステークスでも2着と勝ちきれない競馬が続き、暮れの有馬記念に臨みます。

有馬記念ではグラスワンダースペシャルウィークに続く3着となり、勝てなかったものの翌年への飛躍を予感させました。


2000年はテイエムオペラオーの年となりました。

京都記念、阪神大賞典を連勝すると天皇賞・春に臨み優勝し古馬の頂点に立ち、続く宝塚記念では、この後ライバル関係を長く続けることになるメイショウドトウにクビ差で優勝しました。

この後、秋まで休養したテイエムオペラオーは京都大賞典でナリタトップロードをアタマ差抑え、優勝しました。

天皇賞・秋では再びメイショウドトウ以下に勝ち、天皇賞の春秋連覇を達成し、ジャパンカップでもメイショウドトウ以下に快勝、暮れの有馬記念でもメイショウドトウ以下を退けて優勝しました。

テイエムオペラオーはこの年
8戦全勝重賞8連勝をし、天皇賞・春、宝塚記念、天皇賞・秋、ジャパンカップ、有馬記念と年間GT5勝で当然のごとく年度代表馬に選出されました。

古馬(牡牝混合、ただし宝塚記念・ジャパンカップ、有馬記念はセン馬の出走も可能)の出走しえる中長距離の大レースを
完全制覇したことになります。


翌2001年は大阪杯でトーホーカムリの4着と敗れ、連勝がストップしましたが、続く天皇賞・春で再びメイショウドトウ以下に快勝し、シンボリルドルフディープインパクトウオッカジェンティルドンナに並ぶGT7勝を達成しました。
(シンボリルドルフ、ディープインパクト、ウオッカ、ジェンティルドンナ・・・そしてテイエムオペラオーは交流GTを含まず、ジェンティルドンナは海外GT1勝を含む)

いわゆる「7冠馬」ですね・・・(あまりいわれませんが・・・)

メジロマックイーン以来の
天皇賞・春連覇、さらに史上初の天皇賞の春秋春の3連覇の大記録です。
 
宝塚記念では直線の不利もあり、メイショウドトウに敗れ2着となり休養に入ります。


秋に京都大賞典で復帰したテイエムオペラオーは2着入線ながら、1着入線したステイゴールドが直線での斜行により失格となり、繰上げで優勝となりました。

優勝はしたものの、かつての強さにかげりを感じさせたテイエムオペラオーは、天皇賞・秋でアグネスデジタルの2着、ジャパンカップでもジャングルポケットの2着と敗れ、引退レースとなった有馬記念でもマンハッタンカフェの5着と敗れました。

5歳秋は4戦1勝、そしてその1勝も繰り上げによる勝利という王者終焉を感じさせるラストダンスとなりました。


テイエムオペラオーは、平均的サラブレッドと比較し、心拍数が低く、心臓が大きいようで、同馬の強さにつながっているようです。

同馬の強さについて、科学的にも証明されたようです。


先行抜け出し、差しなど幅広いレースができます。

テイエムオペラオーの脚質は自在といっていいかもしれません。

テイエムオペラオーは、一流馬には、一流の騎手を騎乗させる傾向のある現代競馬で、デビューから引退まで若手であった和田竜二騎手が騎乗し続けました。

一度、菊花賞の敗北に激怒したオーナーサイドで、調教師に騎乗騎手変更を迫りましたが、調教師は和田竜二騎手を変更せず、騎乗させ続けました。

テイエムオペラオーは、「3冠を獲れる器」ともいわれたようで、和田竜二騎手の騎乗技術への批判もあるようです。


テイエムオペラオーは、ジンクスに強い馬で、当時荒れるといわれる天皇賞・秋(2000年)に優勝したり、同じくジャパンカップ(2000年)の優勝で、1番人気の連敗記録を止めたりしました。

本当に強い馬にはジンクスは関係ないのかもしれません。



テイエムオペラオーはGT7勝などの実績を考えると評価が低い感じもします。

テイエムオペラオーは接戦が多く派手な勝ち方が少ない、3歳時に有馬記念で1歳上の世代のグラスワンダー、スペシャルウィークに後塵を拝し、5歳秋にもジャングルポケットなどの1歳下の世代に後塵を拝したことから「
恵まれた世代の最強馬」との評価もあるようです。

グラスワンダー、スペシャルウィーク、さらにエルコンドルパサーのいたテイエムオペラオーの1歳上の世代は確か近年でも最強世代といえるかもしれません。

テイエムペラオーが本格化前の3歳秋だったとはいえ後塵を拝しています。

かげりの見えた5歳秋も1歳下の世代に後塵を拝しました。

しかし、4歳の
年間8戦全勝、GT5勝は評価すべきでしょう。

競馬はレコードタイム勝ちや派手な勝ち方だけが強さを評価するファクターではなく、4歳でのテイエムオペラオーの充実振り、安定感、強さは最強馬の候補として評価してもいいと思います。

テイエムオペラオーは現役時代の戦績が評価され、「
JRA顕彰馬」に選出されています。


競走馬を引退し、種牡馬となったテイエムオペラオー・・・産駒は、障害戦に強く、東京ハイジャンプなどを勝ったテイエムトッパズレや東京ハイジャンプを勝ったテイエムエースなどがいます。

テイエムオペラオーの父は前述のようにオペラハウスで、オペラハウスの父は、ヨーロッパの至宝・サドラーズウェルズです。

日本の軽い馬場はサドラーズウェルズ系に合ってるとはいえないかもしれませんが、こうした中でテイエムオペラオーだけでなく、2006年の2冠馬メイショウサムソンも出している(2006年11月現在)オペラハウスは注目されますし、その代表産駒であるテイエムオペラオーも種牡馬として注目です。

ある意味、テイエムオペラオーは「(圧倒的)強さを感じさせない強さを持つ名馬」といえるのかもしれません。


テイエムオペラオーを知るおすすめ作品

■競走成績
開催日 開催国 競馬場
レース名

距離


頭数
人気
着順
斤量
着差

騎手
タイム

1着(2着)


1998.8.15 京都
新馬

T1600





52
1.0秒

和田竜二
1.36.7

クラシックステージ

1999.1.16 京都
未勝利

D1400


16


54
0.8秒

和田竜二
1.28.0

ゼンノホーインボー


1999.2.6 京都
未勝利

D1800


10

54
0.9秒

和田竜二
1.55.6

(ヒミノコマンダー)


1999.2.27 阪神
ゆきやなぎ賞

T2000
500万

14

55
0.1秒

和田竜二
2.05.3

(アンクルスルー)

1999.3.28 阪神
毎日杯

T2000
GV

14


55


和田竜二
2.04.1

(タガノブライアン)


1999.4.18 中山
皐月賞

T2000
GT

17


57
クビ

和田竜二
2.00.7

(オースミブライト)


1999.6.6 東京
日本ダービー

T2400
GT

18


57
0.3秒

和田竜二
2.25.6

アドマイヤベガ


1999.10.10 京都
京都大賞典

T2400
GU

10


57
3/4

和田竜二
2.24.4

(ツルマルツヨシ)


1999.11.7 京都
菊花賞


T3000
GT

15

57
クビ

和田竜二
3.07.7

ナリタトップロード


1999.12.4 中山
ステヤーズステークス

T3600
GU

14


57
クビ

和田竜二
3.46.2

ペインテドブラック


1999.12.26 中山
有馬記念

T2500
GT

14


55
0.0秒

和田竜二
2.37.2

グラスワンダー


2000.2.20 京都
京都記念

T2200
GU

11


57
クビ

和田竜二
2.13.8

(ナリタトップロード)


2000.3.19 阪神
阪神大賞典

T3000
GU




58
2・1/2

和田竜二
3.09.4

(ラスカルスズカ)


2000.4.30 京都
天皇賞・春

T3200
GT

12


58
3/4

和田竜二
3.17.6

(ラスカルスズカ)


2000.6.25 阪神
宝塚記念

T2200
GT

11


58
クビ

和田竜二
2.13.8

(メイショウドトウ)


200.10.8 京都
京都大賞典

T2400
GU

12


59
アタマ

和田竜二
2.26.0

(ナリタトップロード)


2000.10.29 東京
天皇賞・秋

T2000
GT

16


58
2・1/2

和田竜二
1.59.9

(メイショウドトウ)


2000.11.26 東京
ジャパンカップ

T2400
GT

16


57
クビ

和田竜二
2.26.1

(メイショウドトウ)


2000.12.24 中山
有馬記念

T2500
GT

16


57
ハナ

和田竜二
2.34.1

(メイショウドトウ)


2001.4.1 阪神
産経大阪杯

T2000
GU

14


59
0.3秒

和田竜二
1.58.7

トウホウドリーム


2001.4.29 京都
天皇賞・春

T3200
GT

12


58
1/2

和田竜二
3.16.2

(メイショウドトウ)


2001.6.24 阪神
宝塚記念

T2200
GT

12


58
1・1/4

和田竜二
2.11.9

メイショウドトウ


2001.10.7 京都
京都大賞典

T2400
GU




59
繰上

和田竜二
2.25.0

(スエヒロコマンダー)


2001.10.28 東京
天皇賞・秋

T2000
GT

13


58


和田竜二
2.02.2

アグネスデジタル


2001.11.25 東京
ジャパンカップ

T2400
GT

15


57
クビ

和田竜二
2.23.8

ジャングルポケット


2001.12.23 中山
有馬記念

T2500
GT

13


57
0.2秒

和田竜二
2.33.3

マンハッタンカフェ


■5代血統図
Nasrullah4×5、Nearco5×5
*オペラハウス
Opera House
イギリス
1988 鹿毛
Sadler’s Wells
アメリカ
1981 鹿毛
Northern Dancer Nearctic Nearco
Lady Angela
Natalma Native Dancer
Almahmoud
Fair Bridge Bold Reason Hail to Reason
Lalun
Special Forli
Thong
Colorspin
アメリカ
1983 鹿毛
High Top Derring−Do Darius
Sipsey Bridge
Camenae *ヴィミー
Madrilene
Reprocolor Jimmy Reppin Midsummer Night
Sweet Molly
Blue Queen  Majority Blue
Hill Queen
*ワンスウェド
Once Wed
アメリカ
1984 栗毛
Bloshing Groom
フランス
1974 鹿毛
Red God Nasrullah Nearco
Mumtaz Begum
Spring Run Menow
Boola Brook
Runaway Bride Wild Risk Rialto
Wild Violet
Aimee Tudor Minstrel
Emali
Noura
アメリカ
1978 黒鹿毛
Key to the Kingdom Bold Ruler Nasrullah
Miss Disco
Key Bridge Princequillo
Blue Banner
River Guide Drone Sir Gaylord
Cap and Bells
Blue Canoe Jet Pilot
Portage


■ネットビジネス研究

□お小遣いサイト

お財布.com

アフィリエイト

おすすめレンタルサーバーとホームページ作成ソフト 

おすすめASP

ホームページ制作


  テイエムオペラオー

ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング