MAIN−WAVE
ノーザンダンサー
ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング

 ニュース サイトマップ グループ

ホーム>>>スタディ>>>競馬>>>(世界の競走馬・日本の競走馬>>>)>>>種牡馬−INDEX>>>
種牡馬−世界>>>

■ノーザンダンサー■米2冠の名馬にして歴史的大種牡馬

ノーザンダンサー(Northen Dancer)、牡、鹿毛、カナダ生産、カナダ、アメリカ調教
生没年月日・1961年5月27日−1990年11月16日
父二アークティク 母ナタルマ
生産者・エドワード・プランケット・テイラー  馬主・ウィンドフィールズ・ファーム
調教師・ T・フレイミング→ホレイショ・ルロ  主戦騎手ビル・ハータック
競走成績・18戦14勝(14−2−2−0) 主な勝利・ケンタッキー・ダービー、プリークネスS
■コメント
ノーザンダンサーは、1961年にカナダの天才馬産家・エドワード・プランケット・テイラー氏によって生産されました。

競走成績は、カナダとアメリカで18戦14勝、アメリカの2冠(ケンタッキー・ダービー、プリークネスステークス)を勝った名馬で、歴史的大種牡馬です。

種牡馬として「19世紀のセントサイモン、20世紀のノーダンダンサー」といわれるほどの成功をした大種牡馬です。

競走馬としては、1963年のカナダの最優秀2歳牡馬、1964年のカナダの年度代表馬,アメリカの最優秀3歳牡馬、引退後はイギリス・アイルランドのリーディングサイヤー4回、アメリカのリーディグサイヤー2回、アメリカのリーディグブルードメアサイヤー1回(2012年現在)

産駒の多くが後継種牡馬となり、ノーザンダンサー系を広げました。

ノーザンダンサーを知るおすすめ作品

ノーザンダンサーは、父二アークティック母ナタルマ(父ネイティヴダンサー)という血統です。

近親には、アメリカの名種牡馬のヘイロー(日本で革命的名大成功をしたサンデーサイレンスの父)や日本へ種牡馬として輸入されたファーザーズイメージなどがいます。

ノーザンダンサーの全弟のノーザンネイティヴやトランスアランティックなどは日本へ輸入され種牡馬となりました。

ノーダンダンサーは、1961年にカナダのウィンドフィールズファームで生まれました。

生産者は、前述のように、後に英3冠馬・ニジンスキーも生産した天才馬産家のエドワード・プランケット・テイラー氏です。

父・ニアークティックはテイラー氏がイギリスのニューマーケットでニアークティックの母・レディアンジェラがネアルコの牡馬を受胎している時にセリで購入した馬で、母のナタルマはテイラー氏がアメリカのサラトガで購入した馬です。

父・ニアークティックはネアルコ×ハイペリオンも成功例の少ないネガティヴニックスといわれるなかでの数少ない成功例です。

母・ナタルマは骨折で1960年に引退した馬でニアークティックと交配され、翌年の1961年にノーザンダンサーが生まれました。

テイラー氏は、生まれた子馬(ノーダンダンサー)を高く評価して高値で売り出しましたが、小柄であっためセリで高く買い手がつかずテイラー氏本人が所有することになりました。

小柄の馬体は変わらずでしたが、ノーザンダンサーの競走馬としての成功、種牡馬としての大成功は競走馬、種牡馬のイメージを変えました。

特に種牡馬としての大成功は種牡馬のイメージを変え、血統地図などを塗り替えました。



1963年に2歳の8月にカナダでT・フレイミング調教師の管理下でデビューしたノーザンダンサー・・・。
デビュー戦の未勝利を6馬身3/4差で快勝します。

続くヴァンダルステークスで2着、サマーステークスを快勝すると、カップ&ソーサーステークスでは2着に敗れ、ブロデアール競走に勝ち、カナダ最大の2歳戦のコロネーションフューチュリティでも6馬身1/4差で快勝します。

続いてのカールトンステークスに快勝すると、アメリカに転戦します。

アメリカでサーゲイロード競走、レムザンステークスと連勝し、この年を終えます。

この年はカナダの最優秀2歳牡馬に選出されます。

脚元の不安で温暖なアメリカのフロリダ州へ移送されたノーザンダンサー・・・。


1984年の3歳はアメリカに戦いの場を設定します。

3歳緒戦の一般競走で3着と敗れますが、フラミンゴステークス、一般競走、フロリダダービー、ブルーグラスステークスと連勝したノーザンダンサーは2番人気でアメリカのクラシック3冠の第1弾のケンタッキーダービーに臨みます。
ケンタッキーダービーでは、2分00秒0(2分フラット)の当時のレコードタイムでヒルライズ以下にクビ差で快勝します。
ケンタッキーダービーでノーダンダンサーが出したレコードタイムはその後にセクレタリアトに更新されますが、2分を切ったのはセクレタリアトだけで2013年5月1日現在までケンタッキーダービー史上2番目に早いタイムとなっています。
ノーザンダンサーはカナダの馬としては史上初のケンタッキーダービー優勝です。

続いて3冠の第2弾のプリークネスに挑んだノーダンダンサーはプリークネスステークスも1番人気で2着に2馬身1/4差で快勝し、アメリカ2冠馬となりました。

そしてアメリカ3冠の第3弾のベルモントステークスに挑むことになります。
この年は、例年開催されるベルモント競馬場が工事中のためアケダクト競馬場で行われ、1番人気でしたがクァドラングルの3着に敗れアメリカ3冠はなりませんでした。

アメリカ3冠はなりませんでしたが、アメリカ2冠(ケンタッキーダービー、プリークネスステークス)を手土産にカナダに凱旋帰国したノーダンダンサーはカナダの大レースのクイーンズプレート(カナダにおけるダービーに相当)で7馬身1/2差で快勝しました。

クイーンズプレート後も現役続行のつもりでしたが脚元の不安で引退します。

この年は満票でカナダの年度代表馬に、そしてアメリカでも最優秀3歳牡馬に選出されています。


ノーザンダンサーは戦績18戦14勝2着2回3着2回でアメリカ2冠(ケンタッキーダービー、プリークネスステークス)の名競走馬ですが、種牡馬としては競走馬以上の大きな成功をしました。

ノーダンダンサーは前述のように種牡馬として大きな成功をし、2年目の産駒に英3冠(英2000ギニー、英ダービー、英セントレジャー)のニジンスキーを出し、その後もザミンストレル(英ダービー、愛ダービー、キングジョージY&クイーンエリザベスステークス)、セクレト(英ダービー)など多くの大レース勝ち馬を輩出し、イギリス・アイルランドのリーディグサイヤーに4回(1970年、1977年、1983年、1984年)、アメリカのリーディグサイヤーに2回(1971年、1977年)などなっています。
産駒で種牡馬として成功したものも多く、各国のリーディグサイヤーにノーザンダンサー産駒がなっています。
サドラーズウェルズニジンスキー、ヴァイスリージェント、リファールビーマイゲストダンチヒ(ダンジグ)ヌレイフストームバードなどで、それらの産駒は孫の代以降になってもその系統を広げています。
ノーダンダンサーの全盛期は「ノーザンダンサーの血の一滴は1カラットのダイヤモンドより価値がある」とさえいわれました。
日本でも直仔のノーザンテーストが11年連続リーディグサイヤー(中央競馬)になる成功をし、ニジンスキーの仔のマルゼンスキーリファールの仔のモガミなど成功しています。
1987年に種牡馬を引退、1990年に安楽死処分。

ノーダンダンサーを知るおすすめ作品


・ノーザンダンサーの関連記事
ノーザンダンサー系の今後


■競走成績
開催日 開催国 競馬場
レース名

距離


頭数
人気
着順
斤量
着差

騎手
タイム

1着(2着)


1963.8.2 加 フェートエリー
未勝利

D5.5F






6・3/4

R.ターコット
1.06.2

(Ncub)

1963.8.19 加 フェートエリー
ヴァンダルS

D6.5F


11




P.ボウエント


Ramblin Road


1963.8.24 加 フェートエリー
サマーS

T8F



C1



P・ボウエント
1.43.4

(Slitherng Sm)


1963.9.28 加 ウッドバイン
カップ&ソーサーS

T8.5F


16
C1

3/4

R・ターコット


Grand Garcon

1963.10.7 加 ウッドバイン
ブロアデール競走

D8F70Y








R・ターコット
1.42.0

(Northen Flight)


1963.10.12 加 ウッドバイン
コロネーションフューチュリティ

D9F


15
C1


6・1/4

R・ターコット
1.51.0

(Jammed Lovely)


1963.11.6 加 グリーンウッド
カールトンS

D7F





2・1/2

J・フィッツシモンズ
1.27.6

(Northen Flight)


1963.11.18 米 アケダクト
サーゲイロード競走

D8F








M.イカザ
1.36.0

(Bupers)


1963.11.27 米 アケダクト
レムザンS


D8F








M.イカザ
1.35.6

(Lord Date)


1964.2.10 米 ハイアリアパーク
一般競走

D6F


7





R・ユーザリー


Chieftain


1964.3.3 米 ハイアリアパーク
フラミンゴS

D9F


11





W・シューメーカー
1.47.8

(Mr.Brick)


1964.3.28 米 ガルフストリーム
一般競走

D7F








M・イカザ
1.22.4

(The Scoundrel)


1964.4.4 米 ガルフストリーム
フロリダダービー

D9F








W・ハータック
1.50.8

(The Scoundrel)


1964.4.23 米 キーランド
ブルーグラスS

D9F






1/2

W・ハータック
1.49.8

(Allen Adair)


1964.5.2 米 チャーチルダウンズ
ケンタッキーダービー

D10F


12


126p
クビ

W・ハータック
2.00.0R

(Hill Rise)


1964.5.16 米 ピムリコ
プリークネスS

D9.5F





126p
2・1/4

W・ハータック
1.56.8

(The Scoundrel)


1964.6.6 米 アケダクト
ベルモントS

D12F





126p


W・ハータック


Quadrangle


1964.6.20 加 ウッドバイン
クイーンズプレート

D10F






7・1/2

W・ハータック
2.02.2

(Langcrest)


■5代血統図
Gainsborough4×5、Chaucer5×5
Nearctic
カナダ
1954 黒鹿毛
Nearco

1935 黒鹿毛
Pharos Phalaris Polymelus
Bromus
Scape Flow Chaucer
Anchora
Nogara Havresac Rabelais
Hors Concours
Catnip Spearmint
Sibola
Lady Angela

1944 栗毛
Hyperion Gainsborough Bayardo
Rosedrop
Selene Chaucer
Serenissima
Sister Sarah Abbots Trace Tracery
Abbot’s Anne
Sarita Swynford
Molly Demond
Natalma

1957 鹿毛
Native Dancer

1950 芦毛
Polynesian Unbreakable Sickle
blue Glass
Biack Polly Polymelian
Black Queen
Geisha Discovery Display
Ariadne
Miyako John P Grier
La Chica
Almahmoud

1947 栗毛
Mahmoud Blenheim Blandford
Malva
Mah Mahal Gainsborough
Mumtaz Mahal
Arbitrator Peace Chance Chance Shot
Peace
Mother Goose Chicle
Flying Witch

GMOクラウドのレンタルサーバー
このホームページ運営に利用しているレンタルサーバー(ホスティング)サービス(旧アイル)

お小遣いサイト
お財布.com
お財布.comをおすすめの理由


  ノーザンダンサー

ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング