MAIN−WAVE
セントサイモン
ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング

 ニュース サイトマップ グループ

ホーム>>>スタディ>>>競馬>>>(世界の競走馬・日本の競走馬>>>)>>>種牡馬−INDEX>>>
種牡馬−世界>>>1950年生まれ以前の名馬−INDEX>>>1950年生まれ以前の名馬>>>

■セントサイモン■サラブレッドの血統の革命児、19世紀で最も偉大な種牡馬

セントサイモン(St.Simon)、牡、鹿毛(黒鹿毛)、イギリス生産、イギリス調教
生没年月日・1881年−1908年4月2日
父ガロピン 母セントアンジェラ
生産者・バッチャーニ・グスターヴ  馬主・バッチャーニ・グスターヴ→第6代ポートランド公爵
調教師・ジョン・ドーソン→マシュー・ドーソン  主戦騎手・フレッド・アーチャー(チャールズ・ウッド)
競走成績・10戦10勝(10−0−0−0) 主な勝利・
■コメント
セントサイモンは、1881年にイギリスで生まれました。

□セントサイモンを知るおすすめ作品

父ガロピン母セントアンジェラ(父キングトム)という血統です。

父ガロピンは、英ダービー馬だが、父系は、エクリプス系でも傍流で、母セントアンジェラは1勝馬。

母系に活躍馬は少なく、セントアンジェラの父(セントサイモンからは母の父)が英リーディングサイヤーのキングトムという以外は特に注目すべき血統ではありません。

当時流行の血脈がほとんどなく、逆に成功すれば、ほとんどの馬に配合できる血統ともいえます。
(マイナー血統ゆえの配合のしやすさ・インブリードなどをあまり気にせず配合できるのは、サンデーサイレンスの場合も似ていると思います)


デビュー前は、見栄えのしない馬体と血統で、元の馬主が死亡したため、当時のルールにより、クラシックに出れませんでした。

代わりに下級戦やマッチレース、古馬の上級戦などを戦い、戦績は
10戦10勝の無敗(無敗は共通しているものの、異説もあり)で、ほとんどのレースで圧勝しています

競走馬を引退し、1年の休養を経て、種牡馬となります。

セントサイモンは種牡馬として、空前の成功をし、牡馬と牝馬で1頭ずつ3冠馬を輩出し、クラシック全勝の年(1900年)もありました。

その血は世界に広がり、現在セントサイモンの血を持たないサラブレッドは存在しないようです。

19世紀で最も偉大な種牡馬
といわれ、サラブレッドの血統の革命児というべき存在で、後のサラブレッドに大きな影響力を残しました。

馬名はフランスの社会主義思想家のアンリ・ド・サン・シモン氏にちなみ、「サンシモン」とも・・・

ここでは「セントサイモン」に統一します。

セントサイモンの生産者で、馬主であったバッチャー二・グスターヴ氏が死亡し、当時のルールでクラシックにセントサイモンは出られなくなりました。


セントサイモンは1883年に2歳となり、7月にハイネイカーステークスでデビューすると、デビュー戦、2戦目の未勝利を連勝します。

続くデヴォンシャーナーサリープレート、プリンスオブウェールズナーサリープレートと勝ちます。

10月にデュークオブリッチモンドとのマッチレースとなります。

セントサイモンは対戦相手に実力差を見せ付けるため、セントサイモンに騎乗のフレッド・アーチャー騎手が正確に3/4馬身差を保ってゴールしました。


1884年に3歳となったセントサイモンは、当時最強といわれていたといわれていたトリスタンとトライアルマッチで対戦し、このレースに楽勝しました。


エプソム金杯を単走で勝利し、当時の大レース・アスコットゴールドカップで楽勝・・・

ニューカッスル&ゴスフォースゴールドカップを勝つと、当時の大レースであるグッドウッドカップを楽勝します。

このレースを最後にセントサイモンは競走馬を引退します。


競走馬を引退し、1年の休養を経て、種牡馬となったセントサイモンは、1890年から1896年まで7年連続英リーディングサイヤー・・・。

英リーディングサイヤーには、前述の7年連続と1900年、1901年と計9回なりました。

英リーディングブルードメアサイヤーには、1903年から1907年の5年連続と1916年の計6回なっています。

セントサイモン系は、急速に拡大し、「
セントサイモン系でなければ、サラブレッドではない」ともいわれました。

しかし、セントサイモン系は急速な拡大から、その後、衰退します。

セントサイモンの血で溢れ、衰退する俗にいう「
セントサイモンの悲劇」が起こります。

その後、セントサイモン系は主流血脈ではなくなりました。


気性が激しく、多汗だったセントサイモン・・・

気性を改善させようと、キンチェムなどの例を真似し、猫を放したが、即座にセントサイモンは猫を叩き殺してしまったという。

なぜか蝙蝠傘を怖がり、杖に帽子を被せ、蝙蝠傘に模し、セントサイモンは大人しくなったという。


レースで1度も本気で走ったことのないセントサイモンは、調教で1度だけ「本気」となり、「
アーチャーが乗ればカタツムリでも勝てる」といわれた天才騎手をして恐怖し「二度と本気で走らせたくない」といったといわれます。

セントサイモンが走るのは、
煮えたぎる蒸気機関車のようであり、走り方は、ドッグレースなどに使われるグレイハウンドそっくりといわれます。


セントサイモンへの評価は高く、セントサイモンを管理したドーソン調教師は、セントサイモンを「偉大な馬」とたたえ、主戦騎手だったアーチャー騎手は、
後に騎乗した英3冠馬・オーモンド(前述のように英3冠馬であり、戦績16戦16勝の無敗)と比較して、「間違いなくセントサイモンが上だと断言しています。

セントサイモンは、種牡馬としてはもちろん競走馬としても非常に評価が高いです。

古い時代の馬ですが、後の影響力などを考えると、エクリプスなどとともに、
番外の「最強馬」といっていいかもしれません。

□セントサイモンを知るおすすめ作品

■競走成績
注・・・PNはプリンスオブウェールズナーサリープレートの略、N&Gはニューカッスル&ゴスフォースの略
開催日 開催国 競馬場
レース名

距離


頭数
人気
着順
斤量
着差

騎手
タイム

1着(2着)


1883.7.31 英 グッドウッド
ハルネイカーS

T5F








F.アーチャー





1883.8.1 英 グッドウッド
未勝利

T5F








F.アーチャー





1883.9.1 英 エプソム
デヴォンシャーナーサリープレートH

T5F








F.アーチャー





1883.9.14 英 ドンカスター
PN 注

T7F








F.アーチャー





1883.10.24 英 ニューマーケット
マッチレース

T6F






3/4

F.アーチャー


(Duke of Richmond)


1884.5.15 英 ニューマーケット
トライアルマッチ

T12F








C.ウッド


(Tristan)


1884.5.30 英 エプソム
エプソム金杯

T12F






単走

F.アーチャー





1884.6.12 英 アスコット
アスコット金杯

T20F






20

C.ウッド





1884.6.26 英 N&Gパーク
N&G金杯 注

T12F








C.ウッド





1884.7.31 英 グッドウッド
グッドウッドC

T20F





20

C.ウッド





■5代血統図
Voltaire4×4、Sultan5×5
Galopin

1872 鹿毛
Vedette

1854 黒鹿毛
Voltgeur Voltaire Blacklock
Phantom Mare
Martha Lynn Mulatto
Leda
Mrs.Ridgway Birdcatcher Sir Hercules
Guiccoli
Nan Darrel Inheritor
Nell
Flying Duchess

1853 鹿毛
The Flying Duchman Bay Middleton Sultan
Cobweb
Barbell Sandbeck
Darioletta
Merope Voltaire Blacklock
Phantom Mare
Juniper Mare Juniper
Sorcerer Mare
St.Angela

1865 鹿毛
King Tom

1851 鹿毛
Harkaway Economist Whisker
Floranthe
Fanny Dawson Nabocklish
Miss Tooley
Pocahontas Glencoe Sultan
Trampoline
Marpessa Muley
Clare
Adeline

1851 鹿毛
Ion Cain Paulowitz
Paynator Mare
Margaret Edmund
Medora
Little Fairy Hornsea Velocipede
Cerberus Mare
Lacerta Zodiac
Jerboa

GMOクラウドのレンタルサーバー
このホームページ運営に利用しているレンタルサーバー(ホスティング)サービス(旧アイル)

お小遣いサイト
お財布.com
お財布.comをおすすめの理由


  セントサイモン

ホーム テーマ フォーカス スタディ ラブ・モノ ショッピング